デジタル

YouTuberの平均給与が747万円だと!?HIKAKINの月収は?

更新日:

出典:給与BANK

出典:給与BANK

 

あらゆる職業の給料をまとめたポータルサイト「給与BANK」がYouTuberの平均給与について発表し、yahoo!ニュースなどのメディアがこぞって報道しています。

 

それもそのはず。

読モの平均給与5万円やメイドカフェ店員の10万円など現実的なお給料を差し置いて、なんとYouTuberの平均給与がなんと747万円であると発表したからです。

一体なぜこんなにもYouTuberはお金が貰えるのか、そしてその真相は嘘か誠なのか、また他にも稼げる職業はあるのかなど調べてみましたのでご覧ください。

 







 

 

YouTuberというお仕事

 

いろんなメディアなどで紹介されているので「まったく知らない」という方はすでに少数派となっているYouTuberですが、いったいどんなお仕事なのか、簡単にまとめてみました。

 

有名なのがHIKAKINさんやマックスむらいさん、はじめしゃちょーさんなどでしょうか。

彼らは面白動画を日々YouTubeにアップするという作業を続けています。

 

例えばこんな動画です。

 

・HIKAKINさんの動画

 

・マックスむらいさんの動画

 

・はじめしゃちょーさんの動画

 

見てもらえれば分かりますが、顔バレはもちろんの事、かなり体当たりの動画もあったりして、中にはお笑い芸人顔負けの動画もあったりします。

最近ではPPAPで一躍有名になったピコ太郎さんの動画もありますね。

 

動画を再生する前や再生途中に広告が流れますが、これが彼らの収入源となっています。

これはYouTubeをアップロードする際にその動画を「収益化」をするかどうか決めることができ、収益化を選ぶことによってその動画に広告を挿入することができるようになります。

そして視聴者がその広告を見たりクリックしたりすることによって、広告収入として配信者へ利益が入る仕組みです。

 

平均給与747万円の根拠

 

YouTubeで稼ぐ仕組みはご理解いただけたと思いますが、一番気になるのが「YouTubeでそんなに稼げるのか?」といった内容だと思います。

 

給与BANKでは1動画再生あたりの単価を0.11円として想定し、そこに有名YouTuberの動画再生回数をかけ算して算出しています。

以下は2016年5月の再生回数トップ20から給与BANKが独自に算出した結果のキャプチャーです。

 

出典:給与BANK

出典:給与BANK

 

トップにはこうくんねみちゃんさんの1618万円、次いではじめしゃちょーさんの1450万円と続きます。

しかもこれ、年収ではなく月収ですからね。YouTuberって夢あるな〜!

 

でも本当に1動画再生あたり0.11円も手に入るのか、そこが疑問です。

一般的には0.02〜0.2円あたりが相場と言われていますが、ボクも以前YouTubeに動画をアップして稼げるか検証していた時期がありましたので、その時の金額を晒してみたいと思います。

 

ちょうど1年ほど前の2016年3月から動画のアップをしていたみたいなので、以下は1年間の数値となります。

  • 動画再生回数 39,634回
  • 動画再生時間 33,190分
  • 推定収益 2.97ドル(1ドル115円換算で342円)

 

どうだ、まいったか_| ̄|〇

 

1動画再生あたりの収益はなんと0.009円という恐ろしい数字でした。

まあくだらない動画ばかりで、高評価と低評価が半々ぐらいでしたのでしょうがない気もしますが。

 

と、このようにYouTubeは人によって収益率はかなりバラツキがあり、しっかりとしたコンテンツであったりチャンネルの評価が高くないと、1動画再生あたりの期待収益はかなり下がる場合もあります。

しかし時再生回数トップ20ともなると評価も高く、場合によって0.11円どころか0.2円を超える収益を叩き出しているYouTuberもいるでしょう。

 

まだまだあるぞ!稼げる職業

 

YouTuberはやはりブチ抜けている感がありますが、他にもまだまだ稼げるジョブもあります。

ここでは比較的初心者からでも始めやすい職業について紹介していきます。

 

例えば「プロブロガー」

 

ボクの記憶が正しければ、プロブロガーと名乗り始めたのは「まだ東京で消耗してるの?」で有名なイケダハヤトさんだと思いますが、ブログによると2015年の収入は2,000万円だそうです!

 

 

ボクもブログやアフィリエイトをしていますが、月数万円ほどの弱小です。

それでも月に幾らかの収入があるのは非常に嬉しいですし、アフィリエイトはやり方次第では大きな収入源になると実感しています。

 

日本では遅れている「プロゲーマー」

 

海外ではかなり前から存在しているプロゲーマーですが、日本はかなりの後発組です。

ゲームには一種のスポーツ的要素があって「e-Sports」と呼ばれており、様々な分野で世界大会などが開催されています。

彼らの収入源は、大会での優勝賞金のほか企業がスポンサーとしてついて支払われるお金、そしてゲーム動画をyouTubeにあげて広告収入を得るYouTuber的な稼ぎ方、またゲームのトークショーへの出演料などがあります。

 

主に団体戦で戦うシューティングゲームや1対1で戦う格闘ゲームなど、勝敗が明確に分かるゲームが採用されています。

ちなみに世界的に有名なプロゲーマーともなると数億円も稼ぐそうです。

 

最近では日本も力を入れ始めており、各地でプロゲーマー育成の専門学校なども設立されていますので、ゲームに自信のある方は目指すのも面白いですね。

 

まとめ

 

こういった最近職業として確立した分野をニュージェネレーションジョブと呼ぶそうです。

インターネットなどの卓のロジーが発達することによって、これからも様々な職業(ジョブ)が生まれてくるんでしょうね。

 

以上、YouTuberの平均給与についての調査と、その他稼げる職業についての紹介でした。

 

-デジタル

Copyright© ネタの宝庫 , 2017 AllRights Reserved.