政治

プレミアムフライデーは実現するのか?その効果と狙いについて調査してみた

更新日:


 
 

日本国民がこぞってリオ五輪に熱中しているお盆の真っただ中「プレミアムフライデー」という聞きなれない言葉がTVやネットでニュースになっていました。

金曜日に何かあるんだろうなと軽い気持ちで調べてみましたが、どうやら現実を無視した構想のようです。





 
 

プレミアムフライデーとは?

 
8月12日に、政府は月末の金曜日の15時に退社を促し夕方以降の消費を促進させるという「プレミアムフライデー」構想を検討しているとの報道がありました。

確かに会社員にとって金曜日を早上がりすることができれば、そのあと買い物に行ったり金曜の夜から飛行機で2泊3日の旅行に行ったりできるので嬉しいですね。

でもこれって実現できるんでしょうか?
 
 

プレミアムフライデーの実施開始日はいつ?

 
経団連は早ければ2016年10月にも実行計画を策定する方針とのこと。

まあ策定の段階なので10月に実施というわけにはいかないですし、その後年末に差し掛かりますので、実施は早くても2017年の1月あたりからでしょうか。

なお2017年1月の月末金曜日は1月27日です。
 
 

プレミアムフライデーの効果は?

 
確かに早く帰ることができればまず人件費が抑えられますね。
18時定時を基本とした場合、1人あたり3時間の削減、3人で1人分の人件費を抑えることができます。

でも月末の金曜ってのが非常にナンセンスだと思います。

日本の場合、どの企業も月単位で目標を決めることが多く、月末の金曜はバタバタしていてそれどころじゃないんじゃないでしょうか。

また、ボクはのんびり屋なので翌月初に回してしまいがちですが、当月の締めをするためにもむしろ残業しがちな日だと思います。

せめて第2金曜ぐらいにしておけばよかったのに、と思うのはボクだけでしょうか?
 
 
 
0817_04
 
 
上の図はYahoo!ニュースの意識調査の途中経過です。

「効果がある」と思っている人28.0%に対し「効果はない」と思っている人の割合は63.2%にも上り、かなりの方が「効果ないよねコレ」と思っているようです。
 
 

Twitterの反応は?

 
最後にTwitterの反応です。

https://twitter.com/masuda_bruce/status/764434787364769792

ざっと見てみましたが肯定的な意見はほぼ無いですね。
 
 
個人的な感想ですが、どうも日本は祝日の多さといい、今回のプレミアムフライデー構想といい、「国民で丸ごと」休日を取らせたいみたいなんですよね。

それよりも有給取得率100%を目指していったほうが大型連休の大混雑も起きないですし、サービス業の方も土日祝に固まって出勤させられることも無くなり良いことづくめだと思います。

また、政府主導の構想は一般市民の感覚と「かなりずれている」ような気がしてなりません。
 
 
もっと市民感覚を持ち合わせた方が主導権を握って旗振りをしてくれるとありがたいですね。

-政治

Copyright© ネタの宝庫 , 2017 AllRights Reserved.