プロ野球

【2017プロ野球】UZRランキング【センター】1位はDeNAから元気印でお馴染みのあの選手!

投稿日:

1124_01

 

俊足強肩の代名詞ともいえる花形ポジションのセンター。

テレビ中継で、左中間の完全に抜けたと思った当たりを画面右から急に現れて追いつく様は、たとえ相手チームだとしても拍手を贈りたくなります。

各チームともに守備の要を配置していますしね。

 

今回は、そんな花形ポジションであるセンターのUZRランキング「2017シーズン」についてまとめていきます。

 

2016年UZRランキングについてはこちらをご覧ください。

野球
2016年プロ野球ポジション別UZRランキングを作ってみた

野球選手の活躍度合いを示す指標ってたくさんありますよね、メジャーなのは打率や防御率・盗塁数などでしょうか。 よく野球は「走・攻・守」と言われますが、「走・攻」については明確に数字を用いればどのくらい活 ...

続きを見る

 

UZRとは
守備力を測るセイバーメトリクスの一つで、守備位置や打球方向・打球の強弱を全て記録し、平均的な選手が0になるよう調整を行います。

プラスなら平均より上、マイナスなら平均より下ということになります。

内野手の評価は「守備範囲」「失策」「併殺奪取」、外野手は併殺奪取の代わりに走者の進塁をいかに阻んだかという「肩力」が加わります。







 

2017年プロ野球UZRランキング【センター】

昨年(2016シーズン)のUZRランキングは、

  • 1位 丸佳浩(広島)
  • 2位 大島洋平(中日)
  • 3位 桑原将志(横浜)

でしたが、果たしてどのような変動があったのでしょうか?

 

1位 桑原将志(DeNA)UZR:17.7

1位はファーストの1位と同じくDeNAの桑原選手です。

レギュラー定着2年目ですが、ゴールデングラブ賞を初受賞し稲葉ジャパン(U-24)にも選出されました。

 

プロ6年目の24歳と伸び盛りですから、桑原選手が活躍することでDeNAはますます強くなっていきそうですね!

 

2位 丸佳浩(広島)UZR:17.1

2位は僅差で広島の丸選手です。

5年連続ゴールデングラブ賞を獲得、最多得票でベストナイン、そしてセ・リーグMVPにも選出され、多くの人に認められていることが分かりますね。

 

広島は「タナキクマル」の愛称でお馴染みの田中選手・菊池選手・丸選手の同学年3人がセンターラインをしっかりと固めており、お互いに刺激しあい高めあっている感じがしますね。

 

3位 陽岱鋼(巨人)UZR:10.4

3位は巨人の陽選手です。

日本ハム時代から守備に定評がありましたが、舞台をセ・リーグに変えても健在ですね。

 

2017年の前半戦は怪我に苦しみましたが、87試合に出場しシーズン後に行われたアジアプロ野球チャンピオンシップでは台湾代表として元気な姿を見せてくれました。

来シーズンは開幕から活躍を期待したいですね!

 

4位 秋山翔吾(西武)UZR:9.9

4位は西武の秋山選手です。

WBCに出場した選手が不振に陥り苦しむ中、フルイニング出場を達成して好成績を残しました。

ゴールデングラブ賞、ベストナインをダブル受賞し、首位打者と最多安打のタイトルまで獲得しています。

 

首位打者争いをしている選手は打率が落ちるのを避けるため試合出場を見合わせる場合もありますが、秋山選手は最後まで試合に出続けました。

2016年のBクラスから2017年の2位へとチームが躍進したのは秋山選手の活躍が大きかったことは間違いありません。

西武の中ではMVP級の活躍といっても良いでしょう!

 

5位 西川遥輝(日本ハム)UZR:1.2

5位は日本ハムの西川選手です。

ベストナインに2年連続で選出、ゴールデングラブ賞は初受賞となりました。

 

西川選手はプロ入り7年目、レギュラー定着4年目の選手です。

2016年に自身初めて打率3割を越え、昨年の日本シリーズではサヨナラ満塁弾を放ったことが記憶に新しいですが、2017年は球団史上初めてとなる2度目の盗塁王を獲得しました。

確実にステップアップしていますね。

このまま活躍を続けていけば、日本ハムの看板選手になることでしょう。

 

 

6位以下の選手は全員がマイナスとなりました。

 

6位 大島洋平(中日)UZR:-5.6

守備に定評があり、ゴールデングラブ賞5回の受賞歴を持つ大島選手ですが、2017年のUZRはマイナスでした。

過去3年はプラスだったので、少し意外ですね。

 

守備が衰えたという印象はなく、9月に死球を受け骨折し離脱するまで119試合に出場。

今年は首位打者争いに加わるなど打撃が好調でした。来シーズン、守備にも期待しましょう!

 

7位 島内宏明(楽天)UZR:-9.7

7位はプロ入り後最多の143試合に出場した楽天の島内選手です。

UZR的に見ると守備に課題がありそうですが、梨田監督に打撃力を買われ1年間センターを任されました。

 

打率.265、打点47、本塁打14本と飛び抜けていい成績は残せませんでしたが、茂木選手とともに球団史上初めて2桁本塁打を記録した生え抜きの日本人選手となりました。

年齢も20代後半と働き盛りですので、ぜひ主力として来シーズン以降もレギュラーとして定着してほしいですね!

 

8位 柳田悠岐(ソフトバンク)UZR:-11.3

8位はソフトバンクの柳田選手です。

豪快なスイングでバッティングがすごいというイメージの柳田選手ですが、ゴールデングラブ賞とベストナインをダブル受賞しています。

UZRではマイナスとなりましたが、それを補って余りある攻撃力ですね。

 

2017年は終盤で脇腹を痛め離脱がありましたが、クライマックスシリーズのファイナルステージの途中から復帰すると、チームは一気に日本一へ登りつめました。

そんな柳田選手、来シーズンの連覇を目指し優勝旅行にも参加せずトレーニングをしているそうです。

全快ではなく「バットが振れる」というだけで復帰を決めた柳田選手ですが、オフになっても休まず練習を続けているとはストイックな選手ですね!

2018年も期待できそうです。




 

まとめ

以上、センターで規定守備イニングに到達した選手8人をご紹介しました。

 

UZRは守備の指標ですが、打撃や盗塁など他に強みがある選手が多いですね。

プロは全ての面でレベルが高くないと出場機会をもらうことができず規定守備イニングに到達できません。

 

また、足が速い=守備範囲が広い&内野安打も多くなるので、自ずとUZRと打率は高くなる傾向にありますね。

やはり近代野球は走れないとキツいです。

人気の記事BEST3

スクリーンショット 2017-10-05 21.59.12 1

  「アイコスってすぐに壊れる… もう3台目だよ」 「電子たばこって煙が少ないからいいけど吸いごたえがなあ~」 「この後飛行機乗るから連続して吸いたいんだけど…」 「掃除してたらホルダー部分 ...

ハロウィンコスプレ目立つ可愛い 2

2017年のハロウィンがもうすぐ始まりますねー! 今年も「渋谷交差点やセンター街、原宿、USJ、ディズニーランドシー」が大盛り上がりだと思います。 理由は年々ハロウィンイベントの人口が増えているからで ...

WS000007 3

アメリカで自閉症おもちゃとして人気が爆発したハンドスピナー。 最近は日本にも上陸して毎日テレビで取り上げられる程、知名度が上がってきました。 「ハンドスピナーを買いたい!」と思ってもどの種類のハンドス ...

-プロ野球

Copyright© ネタの宝庫 , 2017 AllRights Reserved.