WordPress 副業

ワードプレスのメリット・デメリットってなに?無料と有料はどっちがいいの?

投稿日:

 

副業も解禁されたことだし、アフィリエイトに挑戦してみたい!

という方は多いのではないでしょうか?

 

そしていざ始めようと色々と調べてみると「ワードプレス」と「無料ブログ」というのがあるらしい。

サイトに関する知識は特にないし、どっちで始めたらいいのか分からない…といったところでつまずいてしまっている方は結構多いですね。

そこでワードプレスとは何なのか、そしてワードプレスのメリット・デメリットには何があるのかをまとめてみました。







 

ブログをつくるには有料と無料の方法がある

ブログを立ち上げるにあたっては3種類のやり方があります。

 

1つ目はHTMLで構築していく方式で、これはHTML5.0などの知識を要しますので素人の状態でチャレンジするのは無謀です。

勉強が必要なので説明は省きます。

 

2つ目はブログサービスを利用する手段です。

これは大手プロバイダなどが用意しているブログのシステムで、あらかじめ用意されたテンプレートを選ぶだけで簡単にブログを始めることができます。

芸能人が多く利用しているAmebaブログなどが有名ですね。

 

3つ目はワードプレスを利用する方法です。

ワードプレスとは無料で配布されているオープンソフトウェアで、これを利用することでブログサービスのように簡単にブログを構築することができます。

ただしサーバーやドメインは自分自身で用意する必要があります。

 

これからアフィリエイトを始めようする場合、完全無料のブログサービスでサイト構築していくという方法もありますが、無料なだけあって自由度が低くなります。

例えばAmebaブログの場合、ドメイン名はhttp://ameblo.jp/好きな文字列/となり、独自ドメインにすることはできません。

また1か月以上未更新の場合、更新していないことをTOPページに表示され勝手に広告が貼られたりします。

 

そして何といっても一番のデメリットは「突然ブログサービスの提供が終了、または凍結される場合がある」ことです。

これからアフィリエイトで継続的に副収入を得ようとした場合、このデフォルトリスクはできるだけ避けねばならないですし、またブログサービス側に運命を握られてしまうのはちょっと怖いですよね。

ですので、初心者がこれからアフィリエイトを始める場合は「ワードプレス」によるサイト構築が一番良いでしょう。

 

ワードプレスのメリット

アフィリエイトを始めるならワードプレスが良い

 

それではワードプレスで何ができるのか、またメリットについて説明していきます。

サイトカスタマイズの自由度が高い

ワードプレスにはあらかじめテンプレートが用意されています。

またそれ以外にも無料のテンプレートを配布してくれている有志が沢山いますので、気に入ったテンプレートをインストールすれば良いでしょう。

有料でも買い切りで5000~10000万円ほどで、複数サイトを作るときもテンプレートの使いまわしが可能です。

 

 

そしてワードプレスには「プラグイン」という画期的なシステムがあります。

これは感覚的にスマホアプリと似ていて、自身のサイトの機能を充実させるためのサポートツールです。

具体的には、プラグインをインストールすることでタグの一元管理が出来たり、画像をクリックすると拡大するようなことができるようになります。

 

このプラグインも世界中の開発者が無料で配布されていますので、「こういった機能があればいいな」と思うものがあれば、「プラグイン ○○(使いたい機能)」などでググればすぐに見つかるでしょう。

このようにワードプレスは、スマホを自分の使いやすいようにアプリをインストールするようなカンジで、自由度高くカスタマイズすることができます。

 

ドメイン名を自分で決めることができる

ドメイン名とは、いわばWebの世界での名刺のような存在です。

サイトタイトルももちろんそうですが、ドメイン名はユーザーに分かりやすい名称が良いでしょう。

このブログのように「ネタの宝庫.net」みたいに日本語ドメインにすることも可能で、こういったドメイン名を自分なりに決めることができるのもメリットのひとつです。

 

サーバー管理だからどこでも更新が可能

ワードプレスは取得したドメインにインストールする形となるので、そのサーバーに接続することができれば「どこでも更新が可能」となります。

たとえば出張先のネットカフェで更新したり、喫茶店にノートPCを持っていて更新したりすることができます。

 

またワードプレスは「複数人での更新」も可能です。

実はこれがワードプレスの最大の魅力のひとつであるとボクは思っています。

ワードプレスの管理画面でユーザーを増やすことができ、それぞれに権限を付与することができます。

たとえば友人とふたりで共有する場合はお互いを「管理者」として設定しておけばどちらでもサイトのフルカスタマイズが出来ますし、また外注をする際には権限を「投稿者」と設定すれば外注先の方がログインして投稿することも可能です(権限が投稿者なので投稿意外のことは出来ない)。

記事外注に関しては専用のスキルが必要になりますので、別の機会にお話しします。

 

ワードプレスのデメリット

反対にワードプレスにはデメリットも存在します。

とはいっても一番大きいのは金銭的なところですが、それについても大きな出費にはならないので、そこまでのデメリットとは呼べませんが一応記載しておきます。

 

コストが発生する

無料のブログサービスと違い、ワードプレスを導入するにあたってはサーバーとドメインを用意する必要があります。

現在レンタルサーバーでアフィリエイターが多く利用しているのはXサーバーやロリポップ、さくらサーバーあたりが有名です。

最も安いプランでは月額100円~というものも存在していますが、容量なども考えると月額500~1000円程度のサーバーをレンタルする人が多いようです。

 

ちなみにボクはエックスサーバーを利用しています。

またドメイン取得にあたっては.comや.netなどメジャーなものから、私のような.xyzや最近では.tokyoなんてのもあります。

やはり人気の.jpや.comは金額が高いですが、.comでも年額1000円程度ですし、.xyzは年額100円程度の利用料金となります。

のちほど説明しますが、このぐらいの料金は支払った方が断然良い結果が出ます。

 

ログイン方式なのでセキュリティ対策が必要

当たり前の話ですが、自分のワードプレスを持つとIDとパスワードが発行され、それを入力することによって管理画面に入ることができます(もちろんブログサービスも同様です)。

ですから不正防止のため、プラグインでセキュリティ対策をしておく必要があります。

また、データがサーバー管理となるため、万が一サイトがバグってしまった場合に復旧するのが大変です。

こうならないように日頃からバックアップを取るクセをつけると良いでしょう。





 

何故ワードプレスを勧めるのか

ボクはアフィリエイト初心者にはいつもワードプレスを勧めています。

これは無料ブログサービスとの比較もありますが、一番の理由は「アフィリエイトの知識の付き方が断然違う」からです。

 

初心者がいきなり大きな副収入を上げるのは非常に難しいです。

それは単純に記事の書き方が悪いとか、狙っているカテゴリが悪いからとかだけではありません。

 

やはり少額でも「お金がかかっている」という意識があるとないではその後の伸びが全然違います。

無料ブログはお金がかかっていない分、「ダメだったらしょうがないよね」という気持ちになってしまい放置プレイになることが多いですね。

反対にワードプレスで始めることによって「最低でもかけた金額は稼がないと」という気持ちが働くので、一生懸命勉強をすることになります。

 

これはのちのち大きな差となり、1年後には圧倒的な知識・経験量の差が付きます。

ワードプレスでのサイトの作り方に関してはこちらの記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

no image
【初心者向け】ワードプレス(WordPress)でサイトをつくる方法

前回、アフィリエイトサイト(ブログ)の作り方について簡単に触れましたが、今回はワードプレスを用いたサイトの立ち上げ方について解説をしていきます。     目次1 ドメインとサーバー ...

続きを見る

人気の記事BEST3

スクリーンショット 2017-10-05 21.59.12 1

  「アイコスってすぐに壊れる… もう3台目だよ」 「電子たばこって煙が少ないからいいけど吸いごたえがなあ~」 「この後飛行機乗るから連続して吸いたいんだけど…」 「掃除してたらホルダー部分 ...

モンハンワールドかっこいい最強武器 2

2018年1月26日に発売するモンハンワールドのおすすめ最強武器がめちゃくちゃ気になります! 全く新しいモンハンワールドと言っても基本武器システムや、武器の種類は前作ダブルクロスと変わりはありません。 ...

1224_efos_01 3

  2017年12月から発売が開始された「アイコスの互換デバイスEFOS(イーフォス)」 早速手に入れることが出来ましたので実際に使ってみました。 EFOSの詳しい仕様・使い方などについては ...

-WordPress, 副業

Copyright© ネタの宝庫 , 2018 AllRights Reserved.