ペット

犬を車に乗せる時に座席が汚れないドライブシートがとっても便利!危険防止・毛も散乱しないのでオススメ

投稿日:

 

犬を車に載せる時に使うシート

 

大好きな愛犬と色んな場所へ出掛けたい!

なんなら自動車で遠出して海や山に連れてきたい!

なんてお思いの方は多いんじゃないでしょうか?

 

でも近場ならまだしも1~2時間も車に乗っていたらおしっこの心配もあるし、座席に傷がついてしまうかもしれない…

そんな心配をされる方には「ペット用ドライブシート」がオススメです。

取り付けもカンタン、届いたその日に使用できて愛犬も車中リラックスしてドライブすることができます。







犬をそのまま自動車に乗せるのは危険

車中だからといって犬をそのままの状態で乗せている方もいらっしゃいますが、おっとりしている性格の仔なら良いですがちょっと危ないですよね。

特に助手席にそのままの状態で乗せていると、いきなりご主人に甘えだすかもしれません。それが信号待ちなら良いですが高速道路の車線変更の時だったらと思うとゾっとします。

 

また車内は揺れますし意外と騒音もあります。敏感な犬だと怖がったり騒いだりするかもしれませんので、何も対処しないままだと座席から落ちたり車内で暴れまわってしまうことも。

 

ペット用ドライブシートのメリット

そんな危険がある愛犬とのドライブ。できることなら車中は大人しく過ごしてもらいたいものです。

バリケンネルの中で大人しくしてくれるワンコなら良いですが中にはバリケン嫌いの仔もいますし、かといって車内で好き勝手にさせるのは良くないですよね。

そんな愛犬を飼われている方に役立つのがペット用ドライブシートです。

 

他のシートへ移動できない

ドライブシートは「後部座席」または「トランクスペース」に使用します。

ただ敷くだけではなくシートの先端部分を座席のヘッドレストに掛けることができるので、前後の座席との壁となってくれます。

さすがに大型犬だと超えてしまうこともありますが、中型~小型犬であれば問題ありません。

 

座席の下に潜れない

座席を丸ごとシートで被せるので座席の下へ潜ることができない構造になっています。

落下の恐れもありませんし安心して運転に集中することができます。

 

シートの傷・汚れ対策に

防水加工なので万が一おしっこをしてしまってもサッと拭き取ることができます。

また座席を保護しているのでひっかき傷の心配もないですね。




ペット用ドライブシートを使った感想

これまではバリケンに愛犬を入れて車に乗り込んでいたのですが、ウチの場合ミニチュアダックスが2匹なのでバリケンも2つ持って行く必要がありました。

さらに自分の荷物や買い物袋などを合わせると、とてもじゃないですが1回で持ち運びができませんでした。

でもドライブシートのおかげで「散歩ついで」に車へ乗せてちょっとしたお買い物に行けるようになりました。

 

またダックスくんの目線では目の前が真っ暗なので、30分以上ドライブするとぐっすり寝てくれます。

ワンちゃんの性格にもよるでしょうが、ウチの仔の場合これまで騒いだり落ち着かなかったりというのはないです。

ちなみにウチの愛犬はブリーダーさんから引き取ったのですが、沢山のワンちゃんたちに囲まれて育ったせいか少々の騒音もビクともせず、クラクション多めの首都高でもお腹を出しながら寝てます。

 

気になる汚れですが毛はサッと取れますし、外して車外でバッサバッサすれば綺麗サッパリです。

今年買ってみて良かったランキング(個人のお話)でも上位です。

 

ペット用ドライブシートのまとめ

ペット用ドライブシートは沢山の種類が出ていますが、どれも3,000円前後と非常に安いので愛犬を飼われている方は購入することをオススメします。

また、使用しないときはコンパクトに折りたたむことも出来るので、そのまま車の中に置いておくこともできます。

 

小型犬でも背伸びすれば窓から外を見ることができますので、少し窓を開けて風を感じながら外の風景を見させたりしてドライブを楽しんでもらってください。

-ペット

Copyright© ネタの宝庫 , 2018 All Rights Reserved.