副業

コインチェックの100万円補償ってまだ開始していないの?被害額は戻ってこない?

投稿日:

 

2018年1月26日、コインチェック社が取り扱う仮想通貨「XEM」で不正送金が発覚、日本円にして580億円もの仮想通貨がどこかへ消えてしまうという事件が発生しました。

これは2014年に起きたマウントゴックス社(未だ係争中)の被害総額を大幅に超え、仮想通貨史上最悪の損害となる見込みです。

 

コインチェックといえば出川哲朗さんをCMに起用したことで今一番注目されている仮想通貨交換業者ですが、まさかこんなことになるとは思ってもいませんでした。

「100万円までは被害を受けても補償してくれるって書いてあったし大丈夫だよね」

と思っている方、今回の被害は補償がないかもしれません。







 

すごいタイミングで本人確認書類が送られてきた

実はこの騒動を知ったのはニュースになるより少し早く(というか、かなり早かった)、お昼過ぎのことでした。

というのも、ボクもコインチェックの口座を開設しており、あとは本人確認の書類を待つのみという状態で、そのハガキが届いたのが1月26日の正午だったからです。

 

IMG_8509

 

これでようやく仮想通貨トレーダーの仲間入りだ!

と思い早速入金をしようとしていたところ、ツイッターでフォローしていたコインチェックからなにやら不穏なツイートが。

 

 

まさに入金1分前ぐらいの出来事で、この時は何か通信トラブルでもあったのかな?と思いながら入金ができるようになるまで待つことにしました。

 

Yahoo!ニュースで衝撃の展開

その後しばらく仕事をし、休憩がてらYahoo!ニュースを見てびっくり仰天!

ビットコイン取引所「コインチェック」で620億円以上が不正に引き出される被害が発生

これは大変なことが起きた!と、コインチェックへの入金は取りやめることに。

 

自分自身の被害はなかったものの友人がすでに年末からコインチェックで取引を開始しているのを思い出し(しかもNEMを鬼買い)、今回の件で補償があるのか調べてみました。

 

不正ログイン補償の真実

コインチェックといえば「安心・安全」という認識が強く、2017年6月にも「不正ログインによる被害を最大100万円まで補償」サービスの提供を開始する、と発表がありました。

 

0127_01

コインチェック:プレスリリース

 

友人は多分100万円強の入金をしていたそうなので全額は戻ってこないにしろ多少の損害で済むかな?と思っていましたが、色々と調べてみたところ、どうやら今回は適用されない、どころか実はまだサービスを開始していないということがわかりました。

 

確かにプレス発表の内容を読むと「開始する」としか記載はなく、肝心のいつから実装するのかという文言はどこにも見当たりません。

さらにコインチェックでリップルを保有していて不正ログイン被害に遭われた方のツイートを見ると、「補償制度は始める予定あるが未だ実装には至っていない」という書き込みもあります。

 

スクリーンショット 2018-01-27 13.33.11

 

このツイートは2018年1月19日で事件の1週間前ですから、タイミング的にまだ実装はされていないでしょう(プレスリリースもないですしね)。




 

まとめ

ここまでを簡潔にまとめてみると

  • コインチェック社の被害額は580億円
  • 100万円補償サービスは受けられない

とうことですが、実はコインチェック社は「仮想通貨交換業者の登録が済んでいない」んですよね。

現在申請中とのことですがまだ許可されておらず、その状態でバンバンとCMを打っていたことになります。

仮想通貨交換業者とはいわゆる国のお墨付きで、許可されるには幾つかの条件があります。

もちろんお墨付きがないとCMを打ってはいけないという決まりがあるわけではないですが、多額のお金を管理・運営する立場にあるわけですから、一通りできることを全て済ませてから広告を打ってほしかったものです。

 

なお、今回の不正送金によって一時的に仮想通貨市場は荒れましたが、特にNEMなどは通貨自体の欠陥があるわけではなく価格は戻し始めました。

今回の事件を持って「仮想通貨は怖い」となるのではなく、一番のリスクは取引所のリスクであるということを覚えておくと良いかもしれません。

-副業

Copyright© ネタの宝庫 , 2018 All Rights Reserved.