加熱式たばこ

iQOSなどの加熱式たばこが続々とレストランやタクシーなどで喫煙OKに?東京オリンピックではどうなるのか?

更新日:

今年の4月頃から一気に人気が爆発した加熱式たばこ。

その代表的なのがiQOS(アイコス)ですが、これをきっかけに斜陽産業と言われていたたばこ市場に大きな光が見えてきました。

というのも、屋内での喫煙を禁じていた会社やレストラン、そして密閉空間であるタクシーやレンタカーなどでも加熱式たばこOKという流れが出来つつあるからです。

 







 

通常のたばこと加熱式たばこの違い

 

通常ボクらが知っているたばこは、ライターで葉っぱを燃やしニコチンやタールを摂取するタイプです。

燃焼するから煙が出るし、葉っぱは灰となります。

たばこを吸って吐き出した煙のことを主流煙と呼び、たばこ本体から出る煙を副流煙と呼びます。

どちらの煙にも有害な成分が含まれていて、化学物質だけで4,000種類以上にも及ぶといわれています。

喫煙率が先進国に比べて高い日本においても、副流煙の問題がニュースなどで大きく取り沙汰され、最近ではお昼時にレストランに行こうものならかなりの高確率で喫煙ができなくなっています。

対して加熱式たばこは不思議なことに煙が出ません。

その仕組みですが、たばこの葉っぱを燃焼させるのではなく電気で温め加熱させることにより「蒸気」として発生させているからです。

 

加熱式たばこの有害成分は?

 

https://www.iqos.jp/

https://www.iqos.jp/

 

たばこから発生する有害成分は多岐に渡りますが、実はその中でも肺癌など健康に大きな被害を及ぼす物質は「タール」であることが分かっています。

たばこといえば「ニコチン」というイメージですが、タールのほうが危ない物質であるということです。

タールは燃焼時に発生する有害物質であるので、これを逆手に取りiQOS(アイコス)を発売したフィリップモリス社は「燃やさないたばこ」を研究・開発し、とうとうタールが発生しないたばこを実現しました。

 

iQOS(アイコス)だったら吸ってもいいよ

 

ボクはたばこを吸いますが、正直言ってたばこの煙は嫌いです。

ですから隣に人がいるときは吸いませんし、一人のときもたばこの煙が自分に来ないように空気清浄機の近くで吸っています。

たばこユーザーですらたばこの煙が嫌いな人が多い状況の中、非喫煙者からしたら迷惑千万ですよね。

そんな中「煙の出ないたばこ」が発売されたもんですから、

「別にiQOS(アイコス)なら吸ってもいいよ」

という方が増えてきました。

 

加熱式たばこは健康被害を抑えるという喫煙者側のメリットのほかに「周りの人が嫌がらない」というもうひとつの大きなメリットを作り出しました。

また、煙が出ないことによって「匂いが残らない」というのも大きなメリットです。

空港にある喫煙所なんかは外からガラス張りになっていることが多く、外から見ると中は真っ白!

そして中に入るととんでもない匂いで、ほんの少し入って出てくるだけで髪の毛や衣類にまでたばこ臭が染み込んでしまいます。

ですが加熱式たばこだと、隣で吸っていても匂いに気づかないというくらいのレベルなので、隣で吸われても気にならないという非喫煙者が増えてきたんでしょうね。

 

すでに続々と加熱式たばこOKになりつつある

 

レンタカーやカーシェアで大手の「オリックス自動車」では、2016年11月18日に「iQOS(アイコス)利用可」の車両を導入すると発表しました。

https://www.orix-carshare.com/campaign/iqos/

https://www.orix-carshare.com/campaign/iqos/

 

また福岡・天神にある複合施設「VIORO」ではiQOS(アイコス)に並ぶ売れ行きの加熱式たばこプルーム・テックの貸し出しサービスを行い、館内に喫煙スペースを設置したそうです。

徐々にではありますが、加熱式たばこの認知度が上がってきているのが伺えます。

 

2020年の東京オリンピックではどうなるのか?

 

厚生労働省はすでに2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、屋内全面禁煙を提言しています。

ということは現在のたばこ(紙巻たばこ)はあと数年のうちに屋内で吸えなくなるということです。

まあ諸外国ではすでに当たり前になりつつある「屋内全面禁煙」

喫煙者の多い日本においても、とうとうその波が来たという感じですよね。

ただ、加熱式たばこはどう規制されていくのか、現在のところはまだ曖昧です。

今後の行方に注目していきたいところです。

 

アイコスもいいけど故障や連続で吸えないとお困りの方は「iBuddy」もオススメです。

 

アイコスの様々な不満を解消した、いわば「アイコスとグローのハイブリッド型」電子たばこです。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

スクリーンショット 2017-10-05 21.59.12
アイコスとグローのハイブリッド【iBuddy】不満を解消した電子たばこが遂に発売したぞ!

  「アイコスってすぐに壊れる… もう3台目だよ」 「電子たばこって煙が少ないからいいけど吸いごたえがなあ~」 「この後飛行機乗るから連続して吸いたいんだけど…」 「掃除してたらホルダー部分 ...

続きを見る

ヒートスティックが連続で吸える!!アイコス互換機ランキング


第1位 イーフォスイーワン(EFOS E1)

  • 3D加熱で均一な吸いごたえ
  • チェーンスモーク可能
  • 低温、高温の切替機能付き
  • 丸みを帯びたボディで手にフィット
  • 1A、2Aどちらでも充電可能

アイコスを超えた互換機の最終形態ともネットでもてはやされているEFOSですが、その実力は折り紙つきです。

アイコスの弱点をことごとく解消したデバイスとして高評価を受けています。

特に秀逸なところは「加熱方式の違い」で、アイコスはブレード加熱をするのに対し、EFOSはスティック挿入部をまるごと3D加熱するので味ムラが少なくなっています。

また、フォルムはグローを意識した一体型なので扱いやすいのも特徴的です。


第2位 アイバディアイワン(i Buddy i1)

  • 楽天市場ランキング1位獲得
  • 互換機最小サイズ(795mm)
  • 一体型デバイス
  • 誤作動防止機能
  • 互換機モデルでは最小サイズ

加熱式タバコのアイコスとグローをハイブリッドさせた一体型互換機です。

加熱方式やフォルムはグローを意識し、アイコスのヒートスティックが連続で吸えるように改善されています。

メンテナンスも簡単で、吸い終わった時はスライドボタンでスティックが簡単に取り除けます。


第3位 ハーブスティック FyHit ペンタイプ

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

大人気のハーブスティックシリーズから、遂にアイコスのヒートスティック対応タイプが登場!

加熱部分がセラミック加工で熱伝導率も良いので、満足感のある吸いごたえを味わえます。

加熱温度調整も3段階あるので、お好みに応じて味の変化を楽しむことができます。

人気の記事BEST3

スクリーンショット 2017-10-05 21.59.12 1

  「アイコスってすぐに壊れる… もう3台目だよ」 「電子たばこって煙が少ないからいいけど吸いごたえがなあ~」 「この後飛行機乗るから連続して吸いたいんだけど…」 「掃除してたらホルダー部分 ...

モンハンワールドかっこいい最強武器 2

2018年1月26日に発売するモンハンワールドのおすすめ最強武器がめちゃくちゃ気になります! 全く新しいモンハンワールドと言っても基本武器システムや、武器の種類は前作ダブルクロスと変わりはありません。 ...

1224_efos_01 3

  2017年12月から発売が開始された「アイコスの互換デバイスEFOS(イーフォス)」 早速手に入れることが出来ましたので実際に使ってみました。 EFOSの詳しい仕様・使い方などについては ...

-加熱式たばこ

Copyright© ネタの宝庫 , 2018 AllRights Reserved.