加熱式たばこ

iQOS(アイコス)がどこでも吸えるようになる?大阪で全面解禁か

更新日:

火を使わず煙による副流煙の心配もない「加熱式電子たばこ」がいよいよ飲食店などで吸えるようになる?

そんな喫煙者にとっては嬉しいニュースが飛び込んできました。

大阪府知事の松井一郎氏が「他人の体に影響を与えないことを明らかにした上で、どこでも吸っていいようにすればよい」と全面解禁を提案したとのこと。

こうした有識者が加熱式電子たばこの可能性について言及したのは、ボクが知る限りこれが初めてです。







 

松井大阪知事が全面解禁を提案

松井知事が電子たばこに言及したとのニュースは以下です。

大阪府の松井一郎知事は25日、火を使わず煙も出ない「新型電子たばこ」について、「他人の体に影響を与えないことを明らかにした上で、どこでも吸っていいようにすればよい」と述べ、全面解禁を提案した。

新型電子たばこは専用器具を使ってニコチン入りの蒸気を吸う仕組みで「iQOS(アイコス)」などが人気を集めている。愛煙家の松井氏は定例記者会見で、飲食店での原則禁煙など政府が検討中の受動喫煙対策について「分煙できるようにすべきだ」との見解を示し、別案として「アイコスをどこでもOKにしたらいい」と述べた。

参考:Yahoo!ニュース

これを見る限り、「他人の体に影響を与えないことを明らかにした上で」という条件付きではありますが、アイコスなどの加熱式電子たばこを認める発言をしていると考えられます。

また、愛煙家である松井氏だからこその意見だとは思いますが、飲食店などの全面禁煙には懐疑的のようで「分煙」を支持しているようです。

一方で厚労省は受動喫煙対策法案を提出へ

厚労省は2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、1月20日から始まる通常国会に受動喫煙対策法案を提出。

その内容のたたき台は「飲食店やホテル・旅館などの共有スペースでは原則禁煙」の内容が盛り込まれ、従来の喫煙スペースよりもしっかりと煙を遮断し隔離したスペースを確保し、違反した場合には罰則を適用する旨の記載があります。

加熱式電子たばこの安全性は認められるのか?

また保健医療科学のレポートによると、電子たばこの蒸気に有害物質が含まれているとの内容が記載されています。

近年、電子タバコも広く普及しつつ有る。
しかしながら、我々は電子タバコの蒸気に、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、アセトン、アクロレイン、グリオキサール、メチルグリオキサールなど種々のカルボニル類が含まれていることを報告した。
いくつかの銘柄の電子タバコからは、従来の紙巻きたばこの主流煙に含まれるより高濃度のカルボニル類の発生も観察された。参考:保健医療科学

蒸気に含まれる有害物質は果たして受動喫煙につながるのか、また電子たばこが発売されて間もないことからどれだけの健康被害が及ぶのか、議論の着地点は2020年よりも先になりそうな雰囲気ですね。

アイコスもいいけど故障や連続で吸えないとお困りの方は「iBuddy」もオススメです。

アイコスの様々な不満を解消した、いわば「アイコスとグローのハイブリッド型」電子たばこです。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

アイコスとグローのハイブリッド【iBuddy】不満を解消した電子たばこが遂に発売したぞ!

  「アイコスってすぐに壊れる… もう3台目だよ」 「電子たばこって煙が少ないからいいけど吸いごたえがなあ~」 「この後飛行機乗るから連続して吸いたいんだけど…」 「掃除してたらホルダー部分 ...

売れてる電子タバコ人気ランキング


第1位 イーフォスイーワン(EFOS E1)

  • 3D加熱で均一な吸いごたえ
  • チェーンスモーク可能
  • 低温、高温の切替機能付き
  • 丸みを帯びたボディで手にフィット
  • 1A、2Aどちらでも充電可能
  • 新色レッドも登場

アイコスを超えた互換機の最終形態ともネットでもてはやされているEFOSですが、その実力は折り紙つきです。

アイコスの弱点をことごとく解消したデバイスとして高評価を受けています。

特に秀逸なところは「加熱方式の違い」で、アイコスはブレード加熱をするのに対し、EFOSはスティック挿入部をまるごと3D加熱するので味ムラが少なくなっています。

また、フォルムはグローを意識した一体型なので扱いやすいのも特徴的です。


第2位 ビタミンたばこ【ビタフル】

  • ニコチン、タールなし
  • 使い切りですぐに始められる
  • 選べる12種類のフレーバー
  • ミストタイプでリフレッシュ体験
  • 累計販売本数50万本突破

健康志向だけどちょっとした合間のリフレッシュとして電子タバコを吸いたいといったユーザーに人気なのがビタフル。

吸うだけでビタミンが摂取でき、他にもコエンザイムQ10やプラセンタ・ヒアルロン酸など16種類の栄養成分が含まれています。

使い切りなので封を開けてすぐに使用でき、一本あたり約500回吸えて税込1,058円とコストパフォーマンスも非常に高くなっています。


第3位 Cigaresso【シガレッソ】

  • 最新アイコス互換機
  • 1本6分 or 14パフが可能
  • 過熱制御システムで均一な風味
  • 軽量&コンパクトサイズ
  • レビューを書けば60日間保証

EFOSでほぼ最終形態だと思われていたアイコス互換機ですが、さらなる機能とコンパクトサイズになって発売を開始したのがシガレッソです。

特筆すべきは過熱制御システムです。アイコス互換機は連続吸いできるのが特徴ですが、どうしても2本目以降は味にバラつきが出ます。1本目の熱が残っているからですね。

シガレッソは常に過熱温度をコントロールするので、何本目でも安定して均一な味を楽しむことができます。


第4位 SMOOTH VIP【スムースビップ】

  • ニコチン、タールなどの有害成分なし
  • 充電式なので高コスパ
  • 様々なリキッドを試せる
  • WEB限定版で格安購入可能
  • 定期お届けコースはさらにお得

クレイジーケンバンド横山剣さんのCMでおなじみのスムースビップ。

禁煙したくても口元が寂しくなって我慢できないといったユーザーを中心に人気急上昇中です。

リキッド注入式で本体は繰り返し充電が可能なので、1吸いあたりで換算すると0.37円とハイコストパフォーマンス。

WEB限定版のスターターキットは3,000円以下で本体(充電器)にプラスしてリキッド・アトマイザーが2本付いてきます。


第5位 アイバディ(i Buddy)

  • グローのような一体型デザイン
  • スマートボディ(79.5mm)
  • 連続して吸うことができる
  • 吸いムラの少ないスティック式加熱
  • 実売価格7,000円と格安

イーフォスよりも先にアイコス互換機として発売し、爆発的ヒット商品として有名になりました。

見事にアイコスの不満を取り除いた加熱式たばことして市場を騒がせました。

2017年9月に発売してから価格が大分安くなり、コスパ最強の互換機として今もなお人気は続いています。

イーフォスより機能はやや劣りますが、互換機の中で価格がかなり安いので手を出しやすいデバイスです。

 


6位 アイスモーク【iSMOKE】

  • スティックのみ「一体型」
  • 使いやすいキャップ付き
  • サイズが小さい
  • 13本連続吸いができる
  • 1年間保証がある

アイコス互換機としては最小のサイズを誇ります。

グローの様に一体型となっており、スティックだけを充電すればすぐに吸えます。

公式サイトから購入すれば1年間保証を付けれます。

操作も簡単で、デザインも可愛い人気のアイコス互換機です。


第7位 ハーブスティック FyHit ペンタイプ

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

大人気のハーブスティックシリーズから、遂にアイコスのヒートスティック対応タイプが登場!

加熱部分がセラミック加工で熱伝導率も良いので、満足感のある吸いごたえを味わえます。

加熱温度調整も3段階あるので、お好みに応じて味の変化を楽しむことができます。



※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-加熱式たばこ

Copyright© ネタの宝庫 , 2018 All Rights Reserved.