加熱式たばこ

【購入前に必ず確認】加熱式電子たばこで人気のglo(グロー)を使ってみた感想が衝撃!

更新日:

最近、加熱式電子たばこが流行っていますね。

フィリップモリス社が発売したiQOS(アイコス)に始まり、次いでJTのプレーム・テックなど続々と発売され、一気に次世代たばこの時代がやってきました。

ボクは少し乗り遅れてしまい、どうしようかと迷っていましたが、ここに来てアイコスとプルーム・テックの中間みたいな加熱式電子たばこ「glo(グロー)」が発売されたというので早速購入して使ってみました。

glo(グロー)をわざわざ仙台まで買いに行った話はこちらからどうぞ

 







 

早速glo(グロー)が届きました。

注文してから中1日ですぐにglo(グロー)がが我が家にやってきました。

ボクが注文したのは楽天市場で22,500円しました。結構高いんですね~。

glo(グロー) 電子タバコ スターターキットはこちら

 

段ボールを開けると

1224_01

プチプチに綺麗に包まれていて、うっすらと「glo」の文字が見えます。

開けるとこんな感じです。

1224_02

それではglo(グロー)本体です。

1224_03

かなり小ぶりで、通常のたばこの箱よりも少し小さいぐらいです。

幅もスリムです。

1224_04

他にも説明書や

1224_05

クリーニングブラシなどが入っています。

1224_06

クリーニングの仕方は簡単で、glo(グロー)本体下側からクリーニングブラシを差し込むことで掃除ができます。

1224_08

1224_09

たばこ自体は同梱されていない←大問題です

スタイリッシュなデザインと、これでボクも次世代スモーカーの仲間入りかぁ(*‘ω‘ *)

と気を良くしていましたが、よ~く見ると肝心なモノがないことに気付きます。

そうです、たばこが付いていないんです!

そっか、たばこは別売りなんだなと近くのコンビニに行ってみるも「どこに行ってもglo(グロー)のたばこが売っていない」んです。

色々とググってみると、glo(グロー)専用のたばこはネオスティックというもので、現在(2016年12月)はまだ仙台市内でしか手に入らないとの事。

わざわざglo(グロー)の公式サイトに行ってサポートセンターに電話してみましたが、やはり仙台市のみでの販売で全国展開もまだ決定していないとの回答でした(+_+)

 

※2017年7月から東京・大阪でグローが販売開始しました!

 

ならばアイコスのヒートスティックでチャレンジ!

困った、非常に困った。

せっかく次世代スモーカー(←ちょっとお気に入り)になれると2万円以上も奮発して購入したglo(グロー)。

このまま宝の持ち腐れは嫌だなと、まずは普通のたばこが吸えるか検証してみました。

1224_10

が、本体に入れる穴が小さすぎてあえなく撃沈。

ならば、とわざわざコンビニでアイコスのヒートスティック(アイコス専用のたばこ)を購入して検証することにしました。

ドキドキしながらglo(グロー)の本体に差し込んでみると…

1224_11

かなり強引ですがなんとか差し込むことができました。

画像だと見辛いかもしれませんが、差込口付近のたばこがキツすぎてクシャクシャになっています。



glo(グロー)にヒートスティック←やめた方がいい

それではglo(グロー)にヒートスティックを差し込んで吸えるのか?

を検証しようとしたところ事件が発生しました。

なんとヒートスティックが差込口の部分で折れてしまいました。

1224_12

差込口が狭いこともあり、ヒートスティックを強引に差し込んでいたためフィルターの部分からポキッと折れてしまい、残りの部分が穴の中で詰まってしまうという恐ろしい事件勃発です。

そこからは穴に入ってしまったヒートスティックの残骸を救出するためにピンセットやらプラスドライバーやらで格闘すること30分。

なんとか全除去できました。

次こそは、とヒートスティックを折れないように差込口に差し込んでいきます。

1224_13

もうこれ以上入らないというところまで差し込んで本体の電源をON。

いよいよglo(グロ-)×ヒートスティックの検証です。

が、なんということでしょう。

ヒートスティックは短いため、glo(グロー)の加熱部分まで届かず、結局吸うことはできませんでした。

番外編~ヒートスティックをそのまま吸う~

あまりにも残念な結末でしたので、せっかくなので「ヒートスティックはそのまま吸うとどうなるのか?」を試してみました。

1224_14

結果:普通に吸える

いつものたばこのようにライターで火をつけ吸ってみましたが、普通に煙も出るし吸うことができました。

ただし、たばこ自体が短いので火をつけるときに唇が熱いです。

もしそのまま吸うときは火傷にお気を付けください。

まとめ

2016年12月に発売したばかりのglo(グロー)ですが、通販などで本体を購入することはできますが、たばこ(ネオスティック)は仙台市内へ行かないと手に入りません。
(2017年7月から東京・大阪で販売開始しました)

 

また、アイコス専用のヒートスティックを使っても、今回の実験では吸うことができませんでした。

今現在加熱式電子たばこに乗り換えようと考えている方は、全国のコンビニでヒートスティックが購入できるアイコスがやはり良いですね。

 

また、アイコスもいいけど故障や連続で吸えないとお困りの方は「iBuddy」もオススメです。

アイコスの様々な不満を解消した、いわば「アイコスとグローのハイブリッド型」電子たばこです。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

アイコスとグローのハイブリッド【iBuddy】不満を解消した電子たばこが遂に発売したぞ!

  「アイコスってすぐに壊れる… もう3台目だよ」 「電子たばこって煙が少ないからいいけど吸いごたえがなあ~」 「この後飛行機乗るから連続して吸いたいんだけど…」 「掃除してたらホルダー部分 ...

売れてる電子タバコ人気ランキング


第1位 イーフォスイーワン(EFOS E1)

  • 3D加熱で均一な吸いごたえ
  • チェーンスモーク可能
  • 低温、高温の切替機能付き
  • 丸みを帯びたボディで手にフィット
  • 1A、2Aどちらでも充電可能
  • 新色レッドも登場

アイコスを超えた互換機の最終形態ともネットでもてはやされているEFOSですが、その実力は折り紙つきです。

アイコスの弱点をことごとく解消したデバイスとして高評価を受けています。

特に秀逸なところは「加熱方式の違い」で、アイコスはブレード加熱をするのに対し、EFOSはスティック挿入部をまるごと3D加熱するので味ムラが少なくなっています。

また、フォルムはグローを意識した一体型なので扱いやすいのも特徴的です。


第2位 ビタミンたばこ【ビタフル】

  • ニコチン、タールなし
  • 使い切りですぐに始められる
  • 選べる12種類のフレーバー
  • ミストタイプでリフレッシュ体験
  • 累計販売本数50万本突破

健康志向だけどちょっとした合間のリフレッシュとして電子タバコを吸いたいといったユーザーに人気なのがビタフル。

吸うだけでビタミンが摂取でき、他にもコエンザイムQ10やプラセンタ・ヒアルロン酸など16種類の栄養成分が含まれています。

使い切りなので封を開けてすぐに使用でき、一本あたり約500回吸えて税込1,058円とコストパフォーマンスも非常に高くなっています。


第3位 Cigaresso【シガレッソ】

  • 最新アイコス互換機
  • 1本6分 or 14パフが可能
  • 過熱制御システムで均一な風味
  • 軽量&コンパクトサイズ
  • レビューを書けば60日間保証

EFOSでほぼ最終形態だと思われていたアイコス互換機ですが、さらなる機能とコンパクトサイズになって発売を開始したのがシガレッソです。

特筆すべきは過熱制御システムです。アイコス互換機は連続吸いできるのが特徴ですが、どうしても2本目以降は味にバラつきが出ます。1本目の熱が残っているからですね。

シガレッソは常に過熱温度をコントロールするので、何本目でも安定して均一な味を楽しむことができます。


第4位 SMOOTH VIP【スムースビップ】

  • ニコチン、タールなどの有害成分なし
  • 充電式なので高コスパ
  • 様々なリキッドを試せる
  • WEB限定版で格安購入可能
  • 定期お届けコースはさらにお得

クレイジーケンバンド横山剣さんのCMでおなじみのスムースビップ。

禁煙したくても口元が寂しくなって我慢できないといったユーザーを中心に人気急上昇中です。

リキッド注入式で本体は繰り返し充電が可能なので、1吸いあたりで換算すると0.37円とハイコストパフォーマンス。

WEB限定版のスターターキットは3,000円以下で本体(充電器)にプラスしてリキッド・アトマイザーが2本付いてきます。


第5位 アイバディ(i Buddy)

  • グローのような一体型デザイン
  • スマートボディ(79.5mm)
  • 連続して吸うことができる
  • 吸いムラの少ないスティック式加熱
  • 実売価格7,000円と格安

イーフォスよりも先にアイコス互換機として発売し、爆発的ヒット商品として有名になりました。

見事にアイコスの不満を取り除いた加熱式たばことして市場を騒がせました。

2017年9月に発売してから価格が大分安くなり、コスパ最強の互換機として今もなお人気は続いています。

イーフォスより機能はやや劣りますが、互換機の中で価格がかなり安いので手を出しやすいデバイスです。

 


6位 アイスモーク【iSMOKE】

  • スティックのみ「一体型」
  • 使いやすいキャップ付き
  • サイズが小さい
  • 13本連続吸いができる
  • 1年間保証がある

アイコス互換機としては最小のサイズを誇ります。

グローの様に一体型となっており、スティックだけを充電すればすぐに吸えます。

公式サイトから購入すれば1年間保証を付けれます。

操作も簡単で、デザインも可愛い人気のアイコス互換機です。


第7位 ハーブスティック FyHit ペンタイプ

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

大人気のハーブスティックシリーズから、遂にアイコスのヒートスティック対応タイプが登場!

加熱部分がセラミック加工で熱伝導率も良いので、満足感のある吸いごたえを味わえます。

加熱温度調整も3段階あるので、お好みに応じて味の変化を楽しむことができます。



※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-加熱式たばこ

Copyright© ネタの宝庫 , 2018 All Rights Reserved.