加熱式たばこ

アイコスとグローどっちが良い論争に終止符!ハーブスティックなら両方吸えて連続喫煙可能!

更新日:

1219_netaho_01

 

アイコスのヒートスティックが吸えて、しかも連続喫煙が可能な【HERBSTICK CS2】という商品を先日紹介しました。

ヒートスティックが吸えるIQOS互換機【HERBSTICK(ハーブスティック)】がおすすめ!連続吸いができる互換品を比較!

  アイコスユーザーの3大不満である「連続吸いができない・ホルダーが壊れる・手入れが大変」を改善した「一体型アイコス互換機~i Buddy~」という商品を先日紹介しました。 使ってみた結果非 ...

 

このハーブスティック、内部にタバコ葉を詰めて吸う商品なので、実はアイコスだけじゃなくグローでも全く問題なく楽しむことができます。

加熱式たばこといえばアイコス・グローの2強となっていますが、どっちが良いのか迷っているのならハーブスティックで良いんじゃないでしょうか。

 

しかもこのハーブスティックですが改良型として、先日NEWモデル「ハーブスティック ファイヒット エコ S 」が発売されました!

 

ハーブスティックの新作はどのような改良が施されているのか、またアイコスやグローでの吸い方や味についてのレビューもしてみましてたので、ぜひ参考にしてみてください。

FyHit ECO-Sとは

ハーブスティックシリーズのファイヒットエコ-S(FyHit ECO-S)は、株式会社CIGAが取り扱っているヴェポライザーです。

ヴェポライザーとは
電気の熱により葉っぱを気化させ、蒸発した成分を吸入するための器具。
燃焼しない程度の熱(200℃程度)で温めるので、燃焼時に発生するタールなどの有害物質がほとんど排出されません。 アイコスやグロ-も同じ仕組みですね。

 

吸い方はとっても簡単で、先端のキャップ(マウスピース)を開け、その中にタバコ葉を詰めて加熱するだけです。

1219_netaho_00

 

セット内容

FyHit ECO-Sを購入すると以下の内容物が同梱されます。

  • FyHit ECO-S本体
  • パイプ掃除棒×5本
  • 清掃ナイフ
  • 清掃ブラシ
  • 予備マウスピース
  • マイクロUSB充電器
  • 取扱説明書
  • 製品保証書

1219_netaho_02

 

本体は少し重量があり、まるで葉巻を持っているかのような雰囲気を味わえます。

1219_netaho_03

 

付属のマウスピースは必須ですが、汚れることがあまりないので正直ここまで清掃用具は必要ありません。

 

1219_netaho_05

 

説明書は前半英語、後半日本語表記です。

また、製品保証書も付いていて不良時には交換が可能です(保証期間は購入後3か月)。

1219_netaho_06

 

使用方法

ハーブスティックシリーズは全て使い方が一緒で非常に簡単です。

  1. ヴェポライザーからマウスピースを外す
  2. ハーブやタバコの葉(0.2~0.3gほど)をチェンバーに詰める
  3. マウスピースを取り付ける
  4. オン/オフボタンを3秒間長押し
  5. ボタンを2回タップして好みの温度に切り替え

 

加熱が始まるとボタンLEDが点滅します。

設定した温度に到達すると点滅が終了して吸うことができるようになります。

操作するのは手元にあるLEDボタンひとつなので、特に迷うこともありません。

 

充電残量はLEDの色で判断することができます。

  • 白:50~100%
  • 青:20~50%
  • 赤:0~20%

 

2200mAhの大容量バッテリーとなっています。

 

6段階の温度設定

1219_netaho_11

 

温度は好みに合わせて6段階あります。

  • 169℃未満 :シアン
  • 170~179℃:青
  • 180~189℃:緑
  • 190~199℃:紫
  • 200~209℃:黄
  • 210℃以上 :赤

この後のレビューでも触れていますが、基本的に温度が高くなればなるほど強いキック感を味わうことができます。

 

充電時間・注意事項

充電時間は使用する温度によって変わります。

充電を満タンにするには、179℃以下の場合は1.5時間、180℃以上の場合は2時間が目安です。

充電の際にはマイクロUSBケーブルを使用して、1A以下の充電アダプターを使用するように注意してください。

タブレットなどの充電器は2Aの製品が多いのでお間違えなく。

 

保護装置

加熱した状態で10分間経過すると自動的に電源が切れます。

電気ショートが発生した場合は、ボタンLEDが10回点滅後に加熱が停止します。

FyHit ECO-Sを吸ってみた

それでは実際に吸ってみます。

今回はアイコスのヒートスティックをFyHit ECO-Sで使用してみました。

 

ヒートスティックの先端をナイフなどで切る

まずはFyHit ECO-S内部にヒートスティックを入れるため、先端を少しカットします。

1219_netaho_07

 

ハサミだとぐにゃっと曲がってうまくカットできないことがあるので、付属のナイフで切ると良いですね。

画像を見て分かる通り、1本のヒートスティックから2~3回分のタバコ葉を取ることができます。

 

「ECO」のネーミングはここから来たのでしょうか。

 

約10分間吸える

1219_netaho_08

 

加熱開始をするとLEDが点滅し、加熱完了後は点灯したままになります。

しばらく吸い続けているとLEDが消灯しますが、実際に計測してみると点灯から消灯まで9分12秒でした。

 

設定温度を数回切り替えたので10分に届きませんでしたが、200℃程度で切り替えをしなければもう少し時間が伸びるかも知れませんね。

 

均一に加熱されている

吸っていて一番感じたのが「吸いムラを感じない」ことでした。

ボクはアイコスもグローも持っていますが、時折「あれっ?」となるようなスカスカ感を感じることがあります。

でもFyHit ECO-Sに関してはそういったこともなく、吸い始めから終わりまでしっかりと吸いごたえを感じます。

 

加熱後のタバコ葉です(写真右)。

加熱前のヒートスティックに比べて真っ黒になっているのが分かります。

1219_netaho_09

 

色んな温度を試したというのもあり、少し設定温度を上げ過ぎたかも知れません。

加熱後のタバコ葉を分解するとこんな感じでした。

1219_netaho_10

 

木炭のようになっています。

 

使用レビュー・評価

それでは使用してみてのレビュー評価です。

 

低温だと煙(水蒸気)はほぼ発生しない

シアンや青レベルの温度設定だと、むしろアイコスよりも水蒸気の発生は少ないです。

ただ、一度高温にしてから低温に戻しても内部の熱は急には下がらないので、しばらく爆煙が楽しめます。

紫でアイコスと同じくらいの煙・黄でほぼモクモクし始めますが、通常のタバコのような完全な煙ではなく、水蒸気(多分200℃くらいから燃焼していると思う)がメインなので、すぐ空気中に消えてなくなります。

 

ダイレクトな口当たり

当たり前ですがフィルターがない分、タバコ本来のダイレクトな口当たりとなります。

感覚としてはより葉タバコに近い味です。

 

アイコスと同じレベルのキック感を味わいたい方はシアンか青レベル(179℃未満)に設定すると良いでしょう。

200℃を越えてくると普通のタバコとほぼ同じになります。

 

グローの場合は包装紙を剥がして使用

ヒートスティックの場合はさきほどのようにカットしたタバコをそのまま入れるだけでOKですが、グローのネオスティックは細いので包装を剥がして葉っぱを詰めるようにして吸うと良いです。

1工程増えてしまうので少々面倒ですが、吸ってみたところヒートスティック同様に低温加熱で美味しく吸えました。

 

まとめ

ハーブスティックシリーズはどんなタバコでも楽しめるようにデザインされているので、アイコスやグロー以外でも色んなタバコを楽しむことができるでしょう。

また、リキッドを入れることによって味に変化を持たせることが出来るので、これ1台で多種多様なフレーバーを味わうことが可能です。

電子タバコ リキッド【激安10本セット】1950円(税込み)

 

「アイコスは連続で吸えないからグローがいい」

「グローは見た目が牛乳パック飲んでるみたい」

などの不満をお持ちの方は、この機会に「ハーブスティック ファイヒット エコ S 」を検討してみてはいかがですか?

 

とはいえヒートスティックを分解して吸うのはちょっと面倒だな、という方はアイコス専用互換機を使用すると良いでしょう。

アイコスが連続で吸える互換機EFOS(イーフォス)のレビュー/ 性能・デザインともに高評価!

  2017年12月から発売が開始された「アイコスの互換デバイスEFOS(イーフォス)」 早速手に入れることが出来ましたので実際に使ってみました。 EFOSの詳しい仕様・使い方などについては ...

グローのような一体型の「EFOS(イーフォス)やアイコスホルダーのようなポケットサイズの「i SMOKE(アイスモーク)」などはオススメです。

売れてる電子タバコ人気ランキング


第1位 イーフォスイーワン(EFOS E1)

  • 3D加熱で均一な吸いごたえ
  • チェーンスモーク可能
  • 低温、高温の切替機能付き
  • 丸みを帯びたボディで手にフィット
  • 1A、2Aどちらでも充電可能
  • 新色レッドも登場

アイコスを超えた互換機の最終形態ともネットでもてはやされているEFOSですが、その実力は折り紙つきです。

アイコスの弱点をことごとく解消したデバイスとして高評価を受けています。

特に秀逸なところは「加熱方式の違い」で、アイコスはブレード加熱をするのに対し、EFOSはスティック挿入部をまるごと3D加熱するので味ムラが少なくなっています。

また、フォルムはグローを意識した一体型なので扱いやすいのも特徴的です。


第2位 ビタミンたばこ【ビタフル】

  • ニコチン、タールなし
  • 使い切りですぐに始められる
  • 選べる12種類のフレーバー
  • ミストタイプでリフレッシュ体験
  • 累計販売本数50万本突破

健康志向だけどちょっとした合間のリフレッシュとして電子タバコを吸いたいといったユーザーに人気なのがビタフル。

吸うだけでビタミンが摂取でき、他にもコエンザイムQ10やプラセンタ・ヒアルロン酸など16種類の栄養成分が含まれています。

使い切りなので封を開けてすぐに使用でき、一本あたり約500回吸えて税込1,058円とコストパフォーマンスも非常に高くなっています。


第3位 Cigaresso【シガレッソ】

  • 最新アイコス互換機
  • 1本6分 or 14パフが可能
  • 過熱制御システムで均一な風味
  • 軽量&コンパクトサイズ
  • レビューを書けば60日間保証

EFOSでほぼ最終形態だと思われていたアイコス互換機ですが、さらなる機能とコンパクトサイズになって発売を開始したのがシガレッソです。

特筆すべきは過熱制御システムです。アイコス互換機は連続吸いできるのが特徴ですが、どうしても2本目以降は味にバラつきが出ます。1本目の熱が残っているからですね。

シガレッソは常に過熱温度をコントロールするので、何本目でも安定して均一な味を楽しむことができます。


第4位 SMOOTH VIP【スムースビップ】

  • ニコチン、タールなどの有害成分なし
  • 充電式なので高コスパ
  • 様々なリキッドを試せる
  • WEB限定版で格安購入可能
  • 定期お届けコースはさらにお得

クレイジーケンバンド横山剣さんのCMでおなじみのスムースビップ。

禁煙したくても口元が寂しくなって我慢できないといったユーザーを中心に人気急上昇中です。

リキッド注入式で本体は繰り返し充電が可能なので、1吸いあたりで換算すると0.37円とハイコストパフォーマンス。

WEB限定版のスターターキットは3,000円以下で本体(充電器)にプラスしてリキッド・アトマイザーが2本付いてきます。


第5位 アイバディ(i Buddy)

  • グローのような一体型デザイン
  • スマートボディ(79.5mm)
  • 連続して吸うことができる
  • 吸いムラの少ないスティック式加熱
  • 実売価格7,000円と格安

イーフォスよりも先にアイコス互換機として発売し、爆発的ヒット商品として有名になりました。

見事にアイコスの不満を取り除いた加熱式たばことして市場を騒がせました。

2017年9月に発売してから価格が大分安くなり、コスパ最強の互換機として今もなお人気は続いています。

イーフォスより機能はやや劣りますが、互換機の中で価格がかなり安いので手を出しやすいデバイスです。

 


6位 アイスモーク【iSMOKE】

  • スティックのみ「一体型」
  • 使いやすいキャップ付き
  • サイズが小さい
  • 13本連続吸いができる
  • 1年間保証がある

アイコス互換機としては最小のサイズを誇ります。

グローの様に一体型となっており、スティックだけを充電すればすぐに吸えます。

公式サイトから購入すれば1年間保証を付けれます。

操作も簡単で、デザインも可愛い人気のアイコス互換機です。


第7位 ハーブスティック FyHit ペンタイプ

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

大人気のハーブスティックシリーズから、遂にアイコスのヒートスティック対応タイプが登場!

加熱部分がセラミック加工で熱伝導率も良いので、満足感のある吸いごたえを味わえます。

加熱温度調整も3段階あるので、お好みに応じて味の変化を楽しむことができます。



※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-加熱式たばこ

Copyright© ネタの宝庫 , 2018 All Rights Reserved.