電子たばこ

ニコチン・タールなしのスムースビップ(SMOOTHVIP)を徹底レビュー・調査して分かった5つのお得な理由

更新日:

加熱式たばこアイコスの大ヒットで一気に広まった禁煙ブーム。

アイコスが2015年に発売されて以降、これまでも減少を続けてきた喫煙者の割合ですが、ここ数年は男性3割・女性1割を割り込んでいます(成人喫煙者の割合)。

JT:成人喫煙率を基に独自作成

 

諸外国と比較するとまだまだ高い喫煙率ですが、電子たばこの使用者はいまや7人に1人ともいわれており、電子たばこ移行者を除いた場合、平成26年(アイコス登場前)と平成29年では実に20%以上も紙巻たばこ使用率が減少しています(電子たばこ=禁煙という意味ではありません)。

それだけ注目されている電子たばこ(加熱式たばこ)ですが、たばこ葉を燃焼して発生するタールなどの有害物質を抑制することには成功しているものの、ニコチン成分は残っているため依存性が高く、アイコス登場により尚更健康への配慮が注目されるようになりました。

 

そして、ここにきて更にブームとなっているのが「ニコチン・タールを含まない電子たばこ」です。

たばこを辞められない多くの理由はニコチンによる依存症ですが、中には「口元が寂しい」「ちょっとした空き時間のリラックスタイムが欲しい」といった理由でたばこを辞められずにいるユーザーもおり、そんな方たちに向けられた商品でもあります。

 

今回はその中でも、クレイジーケンバンドの横山剣さんをCMに抜擢するなど何かと話題になっている スムースビップ(Smooth VIP)について紹介をしていきます。

使い方やフレーバーの種類・実際に使用してみて感じたことなどをレビューしますので参考にしてみてください。

 

スムースビップ(SMOOTH VIP)とは

 

スムースビップは株式会社ライテックが開発した「ニコチンやタールなどの有害物質を排除したクリーンな電子たばこ」で、様々なフレーバーを水蒸気にして味や香りを楽しむリラックスアイテムです。

類似製品は多数販売されていますが、横山剣さんをCMに抜擢したことや公式サイト内を見るに、どうやら男性をターゲットにしているようですね。少し硬派な感じが漂ってきます。

 

スムースビップの商品概要

スムースビップは本体にリキッドを注入して使用する電子VAPEです。充電式となっているので繰り返し使うことができます。

  • 本体:充電および加熱する機器
  • アトマイザー:リキッドを注入する容器
  • リキッド:7種類のフレーバーが用意
  • USB充電器:本体への給電に必要
  • 収納ポーチ:持ち運びに便利

これらがひとつになってスターターキットとして発売されています。

 

通常版・WEB限定版の違い

スターターキットには通常版とWEB限定版の2種類が用意されています。通常版は税込2,678円ですが、WEB限定版はかなり割安になっています。

梱包内容 通常版 限定版
本体
アトマイザー 1本 2本
リキッド 1本 2本
USB充電器
収納ポーチ

 

WEB限定版はアトマイザー税込626円、リキッド税込918円が1本ずつ付いて2,950円です。

通常版と比較して1,272円もお得になっています。

 

スムースビップの成分

スムースビップ(Smooth VIP)のリキッドには以下の成分が含まれています。

  • 植物性グリセリン
  • プロピレングリコール
  • 香料

「ニコチン・タール0」と大々的に謳ってはいるものの、実際に使ってみるとなると本当に大丈夫なのか?人体に悪影響は無いのか?と疑ってしまいますよね。

そこで上記成分を調査してみましたが、分かったことは「全く問題なし」ということだけでした。

 

植物性グリセリン(Vegetable Glycerine)

略称VGと呼ばれ、主に化粧品の水溶性保湿剤として使用されています。リップクリームにも使われているので「体内に入れるのは不安」という方でも安心して使用できますね。

他にもお菓子にも使われていたりします。

 

プロピレングリコール(propylene glycol)

無味無臭の液体で特に味もしません。食品添加物として使用されることが多く、うどんやおそば、餃子の皮などにも使われています。

保湿・殺菌作用があり、また水溶性が高いので、香料の溶剤として使われています。

 

電子たばこ・加熱式たばことの違い

みなさんが良く目にするたばこは「紙巻きたばこ」というもので、中に詰められた葉っぱを燃焼することで煙とともにニコチン・タールを摂取します。

アイコスやグローに代表される加熱式たばこは、加熱温度をギリギリまで下げることで葉っぱを燃焼させず水蒸気としてニコチン(と僅かなタール)を摂取しています。燃焼させないので煙が発生せず周りに迷惑をかけなくて済む、といったことから人気を博しています。

 

ちなみに、「電子たばこと加熱式たばこの違い」について良く聞かれるのですが、これはかなり曖昧で出どころもハッキリしませんが

  • 電子たばこ:電気で加熱して吸引するたばこ機器の総称
  • 加熱式たばこ:おそらくアイコス登場時に使用された言葉

です。電子たばこは「ベイプ(VAPE)」とも呼ばれ、大きな括りではこのスムースビップもベイプに入りますが、決定的な違いは「タバコ葉を使っているかいないか」です。

スムースビップはニコチン・タールなどの有害物質はもちろん入っておらず、またタバコ税の対象になりませんので、比較的安価で購入することができます。

 

スムースビップの味・フレーバー

 

スムースビップ(Smooth VIP)はアトマイザーと呼ばれる部分にリキッドを注入して味わいます。

  • メンソール
  • ブラックベリー
  • ピーチ
  • グリーンアップル
  • エナジー
  • ジンジャー
  • コーヒー

の7種類が用意されているので、気分に応じて味を変更することができます。

リキッドは1本918円(税込)ですが、WEB限定のスターターキットを購入することで、以下のセットにプラスしてお好きなリキッドもサービスで付いてきます。

 

スムースビップの使い方

 

使い方は3段階に分けて説明していきます。

 

リキッドの準備

まずはリキッドを開封します。

ボトルの透明フィルムを点線に沿って剥がしたらキャップを下に押しながら時計の反対方向に回すことでキャップが開きます。

なぞなぞのような開け方ですが、これは子供が誤飲しないための配慮です。

 

アトマイザーの準備

続いて本体の金属コイルを回してアトマイザーを外します。

アトマイザー中心部に筒のようなものがありますが、その中にリキッドが入らないように注意します。

アトマイザーにはメモリがありますが、0.4mlのラインより多く入れないようにしましょう。液漏れの原因になります。

リキッドを注入し終わったら、アトマイザーを本体に装着します。金属コイルにリキッドが染み込むまで本体を横向きにして5分ほど待ちましょう。

 

電源の入れ方・切り方

5分ほど待ったら電源を入れて吸ってみましょう。

電源ボタンを2秒以内に5回連続で押すと電源がオンになります。加熱が始まりすぐに吸い始めることができます。

 

もう満足だなと思ったら電源を切ります。電源オフも同様に電源ボタンを2秒以内に5回連続押します。電源ボタンを10秒以上押し続けた場合も安全装置が働き吸引ができなくなります。

 

メンテナンス方法

スムースビップのメンテナンス方法です。

加熱式たばこのように吸い殻が出たり残りカスがこびりついたりすることはありませんが、アトマイザー内部に残ったリキッドは水洗いでキレイにしておくと、次回違ったフレーバーを楽しみたい時に役立ちます。

 

充電方法

使用中にLEDランプが10回ほど点滅したら充電が無くなってきたサインです。付属のUSB充電器を繋いで充電をしましょう。

パソコンなどのUSBコネクタから給電が可能です。

 

故障かな?と思ったら

使用中、吸い込むときに「ヒューヒュー」と音がしますが、これは吸引の際に空気孔から空気が入っている動作音なので故障ではありません。

また、本体真ん中当たりの金属コイルが熱を帯びてきますが、この部分でリキッドを温めているので故障はありません(持てなくなるような熱さの場合は故障の疑いあり)。

リキッドが液漏れしている場合は、アトマイザーに入れる量が多い、またはアトマイザーのタンク部と金属コイルの繋ぎ目が緩くなっていないか確認をしましょう。

 

その他、不具合があれば商品購入から3ヵ月の保証期間があるので遠慮なく連絡をしましょう。

 

スムースビップのレビュー

それでは実際に使っていきます。

 

フル充電には3時間かかると記載されていますが、すでにしっかりと充電されていたのですぐに使用することができました。こういう細かいサービスは嬉しいところ。

説明書によると1回2秒間の吸引で最大450回ほどの吸引ができるとのこと。大体20回程度吸ったら1回終了というイメージでしょうか。1日20本たばこを吸う人を想定しているんでしょうね。

 

リキッドの先が細くなっていてアトマイザーへの注入がしやすくなっています。もしこぼしてしまうとベタベタして気持ち悪いので助かります。

 

WEB限定版のスタータ-キットはアトマイザーが2本入っているので、それぞれ専用のリキッドを使えば毎回水洗いしなくても2種類のフレーバーを楽しめるのがいいですね。

ちなみにリキッドは混ぜても問題ありませんが、ちょっとややこしい味になるので注意。

 

また、これは保証対象外になってしまいますが、スムースビップ専用のリキッド以外でもしっかりと楽しむことができました。

色んなフレーバーにチャレンジしたい方は試してみてください。

 

Twitterの口コミ・評価

すでにかなりの方が使っているスムースビップ。みなさんの口コミ・評価を見ていきましょう。

 

結構楽しんで吸われているみたいですね。中にはたばこをキッパリ辞めることに成功した人もいるようです。

 

スムースビップがお得な5つの理由

スムースビップを実際に使用してみて感じたのは大きく以下の5つです。

 

禁煙補助具として最適

冒頭で「男性をターゲットとしている」と書きましたが、これは用意されているフレーバーからもひしひしと伝わってきます。

ニコチン・タールを含まない電子たばこの多くはフレーバーの種類が豊富で、その大半がアロマを意識しています。そのためマスカットやバニラなど女性に人気なフレーバーが多数用意されているんですが、正直男性のボクには合いません。

その点スムースビップは甘めのフレーバーはピーチぐらいしかなく、しっかりした味のモノをラインナップに並べているのが好印象です。

 

また、しっかりとした味わいなのでスカスカ感が無く、ニコチン・タールが含まれていなくても満足感を得ることができました。

まだ完全に移行はできていませんが、禁煙補助具として使用していきたいですね。

 

リラックス効果あり

これはたばこ全体にも言えることですが、やっぱり大きく吸い込んでふぅーっと吐くことでリラックスできるんですよね。

これまでは吐き出したものが煙でしたがスムースビップは水蒸気。その香りが部屋に広がるので、良い匂いを嗅いで更にリラックス。

爽快な一服タイムを楽しめます。

 

コストパフォーマンス

こういった商品の中には使い捨てのモノもありますが、スムースビップは本体が充電式なので繰り返し使うことができます。

リキッドを入れる量は1回あたり最大0.4mlでボトル1本の容量は10mlなので、リキッド1本当たり25回使用することができます。0.4mlを注入して吸い始めて味が無くなるまではおよそ10分間でした。ということはボトル1本当たりの吸引時間は250分となります。

1分当たりの吸引を円に換算したのが以下の表です。

スムースビップ アイコス グロー
1分当たり 3.67円 4.18円 6.29円

 

アイコスのグローなど加熱式たばこは本体価格も高いですから、実質的にはもっと差が開いてくるでしょう。非常にコスパが良いですね。

 

どこでも吸うことができる

マナーの問題もあるので公共の場では吸わないようにすべきですが、受動喫煙問題が騒がれている中どこでも吸うことができるっていうのは魅力です。

特に賃貸マンションに住んでいるボクとしては、退去時のヤニ汚れで壁紙の修繕費はびた一文払いたくないので、たばこを吸う時は専ら換気扇の下にいます。

でもスムースビップは水蒸気で、かつ微量のタール(ヤニ)すら出ないので、この問題を一切気にすることなく部屋で一服することができます。

 

WEB限定版がお得

冒頭でも触れましたが、スムースビップを購入するならWEB限定版がお得です。

通常価格よりも30%安く購入できるので、これからスムースビップを始めようと考えている方は公式サイトから購入することをオススメします。

売れてる電子タバコ人気ランキング


第1位 イーフォスイーワン(EFOS E1)

  • 3D加熱で均一な吸いごたえ
  • チェーンスモーク可能
  • 低温、高温の切替機能付き
  • 丸みを帯びたボディで手にフィット
  • 1A、2Aどちらでも充電可能
  • 新色レッドも登場

アイコスを超えた互換機の最終形態ともネットでもてはやされているEFOSですが、その実力は折り紙つきです。

アイコスの弱点をことごとく解消したデバイスとして高評価を受けています。

特に秀逸なところは「加熱方式の違い」で、アイコスはブレード加熱をするのに対し、EFOSはスティック挿入部をまるごと3D加熱するので味ムラが少なくなっています。

また、フォルムはグローを意識した一体型なので扱いやすいのも特徴的です。


第2位 ビタミンたばこ【ビタフル】

  • ニコチン、タールなし
  • 使い切りですぐに始められる
  • 選べる12種類のフレーバー
  • ミストタイプでリフレッシュ体験
  • 累計販売本数50万本突破

健康志向だけどちょっとした合間のリフレッシュとして電子タバコを吸いたいといったユーザーに人気なのがビタフル。

吸うだけでビタミンが摂取でき、他にもコエンザイムQ10やプラセンタ・ヒアルロン酸など16種類の栄養成分が含まれています。

使い切りなので封を開けてすぐに使用でき、一本あたり約500回吸えて税込1,058円とコストパフォーマンスも非常に高くなっています。


第3位 Cigaresso【シガレッソ】

  • 最新アイコス互換機
  • 1本6分 or 14パフが可能
  • 過熱制御システムで均一な風味
  • 軽量&コンパクトサイズ
  • レビューを書けば60日間保証

EFOSでほぼ最終形態だと思われていたアイコス互換機ですが、さらなる機能とコンパクトサイズになって発売を開始したのがシガレッソです。

特筆すべきは過熱制御システムです。アイコス互換機は連続吸いできるのが特徴ですが、どうしても2本目以降は味にバラつきが出ます。1本目の熱が残っているからですね。

シガレッソは常に過熱温度をコントロールするので、何本目でも安定して均一な味を楽しむことができます。


第4位 SMOOTH VIP【スムースビップ】

  • ニコチン、タールなどの有害成分なし
  • 充電式なので高コスパ
  • 様々なリキッドを試せる
  • WEB限定版で格安購入可能
  • 定期お届けコースはさらにお得

クレイジーケンバンド横山剣さんのCMでおなじみのスムースビップ。

禁煙したくても口元が寂しくなって我慢できないといったユーザーを中心に人気急上昇中です。

リキッド注入式で本体は繰り返し充電が可能なので、1吸いあたりで換算すると0.37円とハイコストパフォーマンス。

WEB限定版のスターターキットは3,000円以下で本体(充電器)にプラスしてリキッド・アトマイザーが2本付いてきます。


第5位 アイバディ(i Buddy)

  • グローのような一体型デザイン
  • スマートボディ(79.5mm)
  • 連続して吸うことができる
  • 吸いムラの少ないスティック式加熱
  • 実売価格7,000円と格安

イーフォスよりも先にアイコス互換機として発売し、爆発的ヒット商品として有名になりました。

見事にアイコスの不満を取り除いた加熱式たばことして市場を騒がせました。

2017年9月に発売してから価格が大分安くなり、コスパ最強の互換機として今もなお人気は続いています。

イーフォスより機能はやや劣りますが、互換機の中で価格がかなり安いので手を出しやすいデバイスです。

 


6位 アイスモーク【iSMOKE】

  • スティックのみ「一体型」
  • 使いやすいキャップ付き
  • サイズが小さい
  • 13本連続吸いができる
  • 1年間保証がある

アイコス互換機としては最小のサイズを誇ります。

グローの様に一体型となっており、スティックだけを充電すればすぐに吸えます。

公式サイトから購入すれば1年間保証を付けれます。

操作も簡単で、デザインも可愛い人気のアイコス互換機です。


第7位 ハーブスティック FyHit ペンタイプ

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

大人気のハーブスティックシリーズから、遂にアイコスのヒートスティック対応タイプが登場!

加熱部分がセラミック加工で熱伝導率も良いので、満足感のある吸いごたえを味わえます。

加熱温度調整も3段階あるので、お好みに応じて味の変化を楽しむことができます。



※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-電子たばこ

Copyright© ネタの宝庫 , 2018 All Rights Reserved.