電子たばこ

吸うビタミンたばこを10種類比較してみて分かったおすすめの人気フレーバー

投稿日:

吸うビタミンたばこを10種類比較してみた

 

フジテレビの「さんまのまんま」で古舘伊知郎さんがお土産として持ってきたことで一躍話題になったビタミンたばこ。

吸うだけでビタミンなどの栄養成分が摂取でき、ニコチンやタールといった有害物質が含まれていないことから、男女問わず若い層を中心に人気沸騰中です。

 

そんなビタミンたばこですが、いざ購入しようと思ってもかなりの種類が販売されていて「一体どのビタミンたばこが良いんだろう?」と悩まれる方も多いでしょう。

そこで現在発売されているビタミンたばこを片っ端から調査・比較をしてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ビタミンたばこと電子たばこの違い

まず「ビタミンたばこってなに?今流行りの電子たばこのコト?」と思っていらっしゃる方に、電子たばことの違いについてご説明します。

電子たばことは「電気でたばこ葉を加熱して水蒸気として吸引する器具、またはその総称」で、アメリカなど英語圏ではベイプ(VAPE)とも呼ばれています。

中にはリキッドを楽しむだけでニコチン・タールが含まれていないものもありますが、基本的にはたばこ葉を使用しています。

 

対してビタミンたばこは「ニコチン・タールが一切入っていない」「吸引することでビタミンなどの栄養成分を摂取することができる」デバイスで、細長い形状でたばこを吸っているような見た目からそう呼ばれています。

 

ビタミンたばこの仕組み

ビタミンたばこは使いきりのタイプや充電して繰り返し使えるタイプ、他にもリキッドを注入して様々なフレーバーを楽しむタイプがあります。

どのデバイスも加熱部分で水蒸気が発生し、それを吸引する仕組みは同様です。

 

味の切り替えに関しては、使い切りタイプのものはデバイス内にフレーバーが染み込んでいますので、吸いたい味をチョイスして購入をします。

充電タイプやリキッド注入タイプは本体とは別にお好みのフレーバーを用意する必要があります。

 

一概にどちらが良いとは言えませんが、はじめてビタミンたばこを試す方は、まずは使い切りタイプを一度使用してみると良いでしょう。

 

こんなにある!吸うビタミンたばこの種類

つい2~3年前までは目にすることもなかったビタミンたばこですが、現在では実に多くの種類が発売されています。

中には商品名とパッケージだけ変えて売り出すなんてこともあるみたいで、その種類は50とも100とも。

 

今回は、その中でも人気の売れ筋ビタミンたばこを10種類選びました。その特徴は以下の通りです。

 

ビタフル

VITAFUL ビタミンタバコ
 

いま最も注目されているビタミンたばこのひとつです。その理由はなんといっても「栄養成分の多さと本体価格の安さ」です。

1本に配合されている成分はなんと16種類。ビタミンやコエンザイムQ10、プラセンタやコラーゲンなど、聞いたことがある栄養成分は全て詰め込まれてるんじゃないかってほど豊富です。

それでいて1本1,058円(税込)ですから、売れているのも納得です。

 

スムースビップ

スムースビップ(Smooth Vip)
 

クレイジーケンバンド横山剣さんのCMでお馴染みのスムースビップ。

家電量販店や一部コンビニなどでも売られているので見かけたことがある方も多いんじゃないでしょうか。

リキッドタイプなので本体価格は3,000円近くしますが、WEB限定のスターターキットだとリキッドとアトマイザー(リキッドを注入するキャップ)が2個ずつ付いて2,950円(税込)と実質的な大幅値引きをしています。

 

C-Tec

フレーバーミスト『C-Tec』
 

女性に人気なのがフレーバーミストC-Tec。カートリッジタイプなのでリキッドのような手間はありません。

シンプルながらも天然植物由来成分のクリアなフレーバーは、まるで吸うアロマのよう。

吐き出した水蒸気の香りも楽しめる、2度美味しいビタミンたばこです。

 

ビタリキッド


吸うビタミン ビタリキッド
 

プルームテック(加熱式電子たばこ)の互換品を販売しているジョイントテックが開発したビタリキッド。

リキッド式なのでコスパが高く、すでに電子たばこから移行したユーザーに人気です。

用意されているフレーバーも12種類と多く、飽きることなくビタミンたばこを楽しむことができます。

 

ビタシグ


ビタシグ VITACIG
 

使いきりタイプで封を開けたらすぐに吸うことのできるビタミンたばこです。

充電が不要なので吸いたいと思った時にすぐに吸えるのが良いですね。

 

ビタボン


ビタボン vitabon
 

ビタミンたばこの開拓者的存在ともいえるビタボン。冒頭で古舘さんが紹介したのもビタボンでした。

使いきりタイプで当初は1本3,000円近くもしていましたが、最近は価格も暴落したのか実売価格1,000円前後とお求めやすくなっています。

 

ヴィタスティック


VITASTIK ヴィタスティック
 

ヴィタスティックは安心のドイツブランドでシンプルな使いきりタイプ。

当サイトでも紹介しているアイコス互換機を複数開発・販売しているスモトクが取り扱いしているので安心ですね。

 

フレーバースティック


フレーバースティック
 

アクセ感覚で楽しめるフレーバースティック。見た目が他のビタミンたばこよりオシャレですね。

リキッドタイプで用意されているフレーバーは20種類と豊富です。

 

ビタキッス


VITAkiss ビタキッス
 

ビタキッスは使いきりタイプのオーガニックフレーバーです。

アロマの専門家によって開発され、安全性の認可も受けています。

 

ヴィタッチ


ビタッチ VITA’CCI
 

7種類のフレーバーが用意されているヴィタッチですが、新発売のギガミントは他のビタミンたばこと一線を画しています。

「瞬間氷結南極体験」のキャッチコピーは強烈、暑い時期のリフレッシュに良いですね。

 

ビタミンたばこ10種を比較

と、ここまで人気ビタミンたばこ10種類の紹介をしてきましたが、ここからは色んな視点で比較をしていきます。

 

価格・コスパで比較

まず重要なのが「ビタミンたばこはどのくらいお金がかかるのか」ということ。

本体の購入価格(イニシャルコスト)も気にかける必要がありますが、実際に吸ってみて自分に合うと思ってもランニングコストが結構かかるのなら躊躇してしまいますよね。

そこで上記10種類のビタミンたばこをイニシャルコスト+ランイングコストで比較をしてみます。

 

分かりやすく「1吸い当たり価格」で算出してみたのがこちらです。

商品名  コスト 1吸い
ビタフル 1058 2.11
スムースビップ 2950 2.95
C-Tec 2484 3.54
ビタリキッド 1980 3.96
ビタシグ 1050 2.10
ビタボン 999 1.99
ヴィタスティック 2700 5.40
フレーバースティック 1728 3.45
ビタキッス 2197 4.39
ヴィタッチ 2700 5.40

※数字は全て円です

 

使いきりタイプとリキッドタイプでは吸引回数はまちまちとなってしまうので、リキッド1回当たり0.4ml・20回使用として算出しています。
(C-Tecのカートリッジは1本につき350回吸引が可能)

またリキッドが別売りのビタミンたばこはその価格分も加味しています。

 

やはり使いきりタイプの方がコスパが良くなっていますが、リキッドやカートリッジタイプは本体が故障しない限り、次からはコストが下がります。

その点ではスムースビップの1吸い当たり2.95円というのは、リキッドタイプとししては破格のコストパフォーマンスといえます。

 

配合成分・フレーバーの種類で比較

続いて配合されている栄養成分とフレーバーの種類を見てみましょう。

商品名 配合成分 フレーバー
ビタフル 16 12
スムースビップ 不明 7
C-Tec 4 7
ビタリキッド 5 12
ビタシグ 8 7
ビタボン 5 7
ヴィタスティック 5 7
フレーバースティック 不明 20
ビタキッス 5 7
ヴィタッチ 5 7

※リキッド注入タイプに関しては栄養成分についての表記が無いため不明としていますが、公的機関での安全性確認がなされています

 

栄養成分は沢山の種類が入っていれば良いってものではないですが、それにしてもビタフルの16種類はずば抜けて多い印象です。

味・フレーバーに関しては、飽きが来ないように数多くの種類が用意されていると嬉しいですね。

 

どのビタミンたばこが良いの?

10種類のビタミンたばこをコストパフォーマンス、フレーバーや栄養成分の種類で比較をしてきました。

一概にどれが良いというのは難しいですが、まとめるとこのようになるでしょうか。

おすすめのビタミンたばこは?

 

吸うビタミンたばこ10種類比較まとめ

ビタミンたばこは

  • 減煙・禁煙を考えているが難しい
  • ちょっとした休憩で口元が寂しい
  • 自分の好きな香りでリラックスしたい
  • ビタミンが不足しているので補いたい

といった方に向いているリラックスアイテムです。

 

たばこに比べると軽く感じてしまうかもしれませんが、慣れてくると口の中が爽やかになり部屋も良い香りになってアロマ効果も期待できます。

ぜひお気に入りのビタミンたばこでリラックスしてみてください。

売れてる電子タバコ人気ランキング


第1位 イーフォスイーワン(EFOS E1)

  • 3D加熱で均一な吸いごたえ
  • チェーンスモーク可能
  • 低温、高温の切替機能付き
  • 丸みを帯びたボディで手にフィット
  • 1A、2Aどちらでも充電可能
  • 新色レッドも登場

アイコスを超えた互換機の最終形態ともネットでもてはやされているEFOSですが、その実力は折り紙つきです。

アイコスの弱点をことごとく解消したデバイスとして高評価を受けています。

特に秀逸なところは「加熱方式の違い」で、アイコスはブレード加熱をするのに対し、EFOSはスティック挿入部をまるごと3D加熱するので味ムラが少なくなっています。

また、フォルムはグローを意識した一体型なので扱いやすいのも特徴的です。


第2位 ビタミンたばこ【ビタフル】

  • ニコチン、タールなし
  • 使い切りですぐに始められる
  • 選べる12種類のフレーバー
  • ミストタイプでリフレッシュ体験
  • 累計販売本数50万本突破

健康志向だけどちょっとした合間のリフレッシュとして電子タバコを吸いたいといったユーザーに人気なのがビタフル。

吸うだけでビタミンが摂取でき、他にもコエンザイムQ10やプラセンタ・ヒアルロン酸など16種類の栄養成分が含まれています。

使い切りなので封を開けてすぐに使用でき、一本あたり約500回吸えて税込1,058円とコストパフォーマンスも非常に高くなっています。


第3位 SMOOTH VIP【スムースビップ】

  • ニコチン、タールなどの有害成分なし
  • 充電式なので高コスパ
  • 様々なリキッドを試せる
  • WEB限定版で格安購入可能
  • 定期お届けコースはさらにお得

クレイジーケンバンド横山剣さんのCMでおなじみのスムースビップ。

禁煙したくても口元が寂しくなって我慢できないといったユーザーを中心に人気急上昇中です。

リキッド注入式で本体は繰り返し充電が可能なので、1吸いあたりで換算すると0.37円とハイコストパフォーマンス。

WEB限定版のスターターキットは3,000円以下で本体(充電器)にプラスしてリキッド・アトマイザーが2本付いてきます。


第4位 アイバディ(i Buddy)

  • グローのような一体型デザイン
  • スマートボディ(79.5mm)
  • 連続して吸うことができる
  • 吸いムラの少ないスティック式加熱
  • 実売価格7,000円と格安

イーフォスよりも先にアイコス互換機として発売し、爆発的ヒット商品として有名になりました。

見事にアイコスの不満を取り除いた加熱式たばことして市場を騒がせました。

2017年9月に発売してから価格が大分安くなり、コスパ最強の互換機として今もなお人気は続いています。

イーフォスより機能はやや劣りますが、互換機の中で価格がかなり安いので手を出しやすいデバイスです。

 


5位 アイスモーク【iSMOKE】

  • スティックのみ「一体型」
  • 使いやすいキャップ付き
  • サイズが小さい
  • 13本連続吸いができる
  • 1年間保証がある

アイコス互換機としては最小のサイズを誇ります。

グローの様に一体型となっており、スティックだけを充電すればすぐに吸えます。

公式サイトから購入すれば1年間保証を付けれます。

操作も簡単で、デザインも可愛い人気のアイコス互換機です。


第6位 ハーブスティック FyHit ペンタイプ

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

大人気のハーブスティックシリーズから、遂にアイコスのヒートスティック対応タイプが登場!

加熱部分がセラミック加工で熱伝導率も良いので、満足感のある吸いごたえを味わえます。

加熱温度調整も3段階あるので、お好みに応じて味の変化を楽しむことができます。



※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-電子たばこ

Copyright© ネタの宝庫 , 2018 All Rights Reserved.