電子たばこ

【ビタフル・ビタボン比較】似ているようで実は違うビタミンタバコ、その特徴を全て網羅

投稿日:

ビタフルとビタボンはどっちがいいの?

 

最近は健康志向への高まりもあり、通常のたばこから煙の出ないアイコスへ、さらに有害物質が一切含まれていないビタミンたばこへと移行されている方が増えてきています。

東京オリンピックへ向けた受動喫煙対策でも屋内を原則禁煙にするといった健康増進法の一部改訂(移設の類型・場所ごとに対策)がなされるなど、法律面でもタバコユーザーの肩身は狭くなる一方です。

ビタミンたばこなら受動喫煙に繋がりませんし、安心してリラックスタイムに使うことができます。

 

そんなビタミンたばことして有名なのが「ビタフル」と「ビタボン」です。

でも見た目もさして変わらないし、一体何が違うんでしょうか。配合成分や価格・コストパフォーマンス、楽しめるフレーバーの種類などあらゆる視点から徹底比較をしてみました。

ビタミンたばこを購入する際の参考にしてみてください。

 

電子たばことビタミンたばこの違い

まずはビタミンたばことアイコスに代表される電子たばこの違いについて触れておきます。

 

電子たばことは

電子たばことはたばこ葉を電気で加熱して水蒸気を吸引する仕組みのことで、アメリカなどではVAPE(ベイプ)と呼ばれています。

よく加熱式たばことの違いについて混同される方がいますが、大きな括りでは電子たばこ>加熱式たばことなり、アイコスも電子たばこに分類されます。

アイコスやグローが加熱式たばこと呼ばれているのは、アイコスが登場したときのネーミングとして使用されたからなんですよね。

 

アイコスの煙が出ない仕組みですが、その秘密はたばこ葉の加熱温度にあります。

たばこ葉は一定の温度まで加熱すると燃焼が始まります。これが煙となってモクモクするわけですが、この煙の中にタールを代表とした有害物質がたくさん含まれています。

対して、アイコスは煙が出ないギリギリの温度まで加熱をすることで煙の発生を抑制し、水蒸気として香りや味を楽しめるようになっています。

 

しかし、たばこ葉を吸引するのはアイコスやグローも同様で、たばこがやめられなくなるニコチンは含まれています。

ニコチンは体内に吸収され、やがて時間が経過し不足してくると脳が「ニコチンが欲しい」と信号を送るので、いわゆるニコチン依存となってしまいます。

まあそれでも通常の紙巻たばこと比較すれば圧倒的に健康には良さそうですが。

 

ビタミンたばことは

ビタミンたばこは「ニコチン・タールなどの有害物質は一切入っていない」リラックスグッズです。

メンソールや柑橘系など様々なフレーバーが楽しめるだけでなく、同時にビタミンを摂取できるのが特徴です。

 

1日に必要なビタミンがコレ1本で!なんて都合の良いことにはなりませんが、リラックスしながらビタミンを摂って爽やかな香りを楽しむことができるとSNSなどを中心に人気です。

 

ビタフルとは

VITAFULの詳細はこちら

 

実は数あるビタミンたばこの中でも後発組のビタフル。にもかかわらず人気急上昇中なのには訳があります。

その大きな理由の一つが価格。1本税込1,058円と他を圧倒するリーズナブルさが人気の秘密です。

女性向けのボタニカルシャンプーやヘアアイロンなどを販売している&Habitから発売されているので、使ってみた若い女性が「あれ、これ以外に良いかも」とSNSでシェアしたことでどんどんと広まっていったんでしょうね。

 

フレーバーは全12種類

ビタフルは色んなフレーバーを楽しむことができます。

  • ウメミント(春限定)
  • ピーチミント(春限定)
  • ストレートエナジー
  • ビターコーヒー
  • メンソールミント
  • スウィートバニラ
  • ブルーベリー
  • グリーンアップル
  • グレープフルーツミント
  • マスカットメンソール
  • グアバフルーツ
  • チェリーコーラ

これだけあればひとつふたつはお気に入りのフレーバーが見つかりますね。

やはり口当たりが爽やかなメンソール系が売れ筋のようです。

 

16種類の栄養成分

ビタフルには以下の成分が配合されています。

  • ビタミン6種類(A・B6・B12・C・D・E)
  • コラーゲン
  • コエンザイムQ10
  • メントール
  • シネオール
  • カテキン
  • プラセンタ
  • ヒアルロン酸
  • コンドロイチン
  • セラミド
  • 乳酸菌

どれも健康食品などで聞く成分ばかりです。

 

届いた瞬間から楽しめる

ビタフルは使いきりなので充電が必要ありません。開封したらすぐに吸うことができるので、バッグの中に何本か忍びこませておけばいつでも楽しむことができます。

また、1本当たり約500回の吸引が可能なので、中断したい場合はそのままバッグにしまって吸いたくなったら取り出して使用することも出来ます。

アイコスのように吸い終わった後の掃除も必要ないので非常に使い勝手が良いですね。

 

ビタボンとは

 

ビタボンは韓国で研究・開発されたビタミンたばこです。

日本での発売はビタフルよりもかなり早かったため、ドンキ・ホーテなどで見かけたことがある方も多いんじゃないでしょうか。

 

フレーバーは7種類

ビタボンのフレーバーは7種類です。

  • オレンジ・グレープフルーツ
  • バニラ・グリーティ
  • ミント・メンソール
  • ブルーベリー・ブラックカシス
  • ミント・チェリー
  • ジャスミン・ローズ
  • 高麗人参・シナモン

天然植物成分なので安心して楽しむことができます。

 

配合成分は6種類

ビタボンは5種類のビタミン(A・B・C・D・E)とコエンザイムQ10が配合されています。

アメリカで厳しい検査を受け安全性が確保されている証明書もホームページに掲示しているのは好感が持てますね。

 

吸引はビタフル同様500回

ビタフル同様の使い切りタイプで吸引回数も約500回です。

 

ビタフルとビタボンの違いを比較

ビタフルとビタボンの特徴を説明したところで今度は比較をしていきます。

比較項目は合計5つ。

  • 本体価格
  • フレーバーの種類
  • 配合成分の種類
  • コストパフォーマンス
  • 製造国

それぞれを表にすると以下のようになります。

比較項目 ビタフル ビタボン
本体価格 1,058円 2,376円
フレーバー 12種類 7種類
配合成分 16種類 6種類
コスパ 2.12円 4.75円
製造国 日本 韓国

※本体価格(税込)は公式サイト参照、コスパは1吸い当たりの金額

 

比較してみて感じましたが、やはり後発組の製品はブランド価値という点では後れを取るものの、先に販売している製品を改良するわけですから性能や価格面などで非常に有利ですね。

圧倒的な差が付いてしまいました(2倍以上もの価格差が付いてしまっているので、最近ではビタボンはビタフルと同じくらいの価格で出品されています)。

 

20歳未満や妊婦・授乳中は吸っていいの?

ビタフルやビタボンなどのビタミンたばこはニコチン・タールが含まれていないので、法律上20歳未満でも吸引が可能です。

しかし紙巻きたばこなどへの移行リスクなどを踏まえ、20歳未満の方の購入は公式サイトでは推奨されていません。

 

また、妊婦さんや授乳中の方の使用も極力控えたほうが良いでしょう。あまり神経質になり過ぎる必要はありませんが、過度に摂取することで吐き気やめまいを引き起こす可能性もあります。

また「妊婦なのにたばこを吸ってるの?」と周りから白い目で見られることもありますので要注意です。

 

で、結局ビタフルとビタボンはどっちがいいの?

総合的に考えればビタフルの圧勝ですが、必ずしもフレーバーの種類や配合成分の種類で選ぶ必要はありません。

高麗人参・シナモンはビタフルにはありませんし、やはり一番大事なのは「自分が気に入った味かどうか」です。

 

味・フレーバーに関しては個人的な主観が強く出る部分ですので、口コミや評判を確認してから購入すると良いでしょう。

参考までにSNSでの評判をまとめておきます。

 

ビタフルの口コミ・評価

 

SNSでは柑橘系のフレーバーの評判が良いみたいですね。

 

ビタボンの口コミ・評価

 

少し味が薄いといった評価が多いようですが、こちらもフルーツ系が人気のようですね。

 

ビタフルとビタボンの比較まとめ

冒頭でもお話しましたが健康増進法の一部改訂により、喫煙所を設けるか小規模店以外では喫煙ができなくなる見通しです。

たばこはニコチン摂取による依存が問題視されていますが、長時間労働のちょっとした合間や休憩時には気分良くリフレッシュしたいものです。

 

ビタミンたばこはニコチン・タールがないという健康的な側面もありますが、同時に「香りによるアロマ効果」も期待できます。

普段はアイコスを使用している方でも喫煙不可の場所でリラックスしたいと思うことはありますよね。

そんな時のためにビタミンたばこを1本バッグに入れておけば、いざというときに吸うことができるので便利です。

VITAFULの詳細はこちら

売れてる電子タバコ人気ランキング


第1位 イーフォスイーワン(EFOS E1)

  • 3D加熱で均一な吸いごたえ
  • チェーンスモーク可能
  • 低温、高温の切替機能付き
  • 丸みを帯びたボディで手にフィット
  • 1A、2Aどちらでも充電可能
  • 新色レッドも登場

アイコスを超えた互換機の最終形態ともネットでもてはやされているEFOSですが、その実力は折り紙つきです。

アイコスの弱点をことごとく解消したデバイスとして高評価を受けています。

特に秀逸なところは「加熱方式の違い」で、アイコスはブレード加熱をするのに対し、EFOSはスティック挿入部をまるごと3D加熱するので味ムラが少なくなっています。

また、フォルムはグローを意識した一体型なので扱いやすいのも特徴的です。


第2位 ビタミンたばこ【ビタフル】

  • ニコチン、タールなし
  • 使い切りですぐに始められる
  • 選べる12種類のフレーバー
  • ミストタイプでリフレッシュ体験
  • 累計販売本数50万本突破

健康志向だけどちょっとした合間のリフレッシュとして電子タバコを吸いたいといったユーザーに人気なのがビタフル。

吸うだけでビタミンが摂取でき、他にもコエンザイムQ10やプラセンタ・ヒアルロン酸など16種類の栄養成分が含まれています。

使い切りなので封を開けてすぐに使用でき、一本あたり約500回吸えて税込1,058円とコストパフォーマンスも非常に高くなっています。


第3位 SMOOTH VIP【スムースビップ】

  • ニコチン、タールなどの有害成分なし
  • 充電式なので高コスパ
  • 様々なリキッドを試せる
  • WEB限定版で格安購入可能
  • 定期お届けコースはさらにお得

クレイジーケンバンド横山剣さんのCMでおなじみのスムースビップ。

禁煙したくても口元が寂しくなって我慢できないといったユーザーを中心に人気急上昇中です。

リキッド注入式で本体は繰り返し充電が可能なので、1吸いあたりで換算すると0.37円とハイコストパフォーマンス。

WEB限定版のスターターキットは3,000円以下で本体(充電器)にプラスしてリキッド・アトマイザーが2本付いてきます。


第4位 アイバディ(i Buddy)

  • グローのような一体型デザイン
  • スマートボディ(79.5mm)
  • 連続して吸うことができる
  • 吸いムラの少ないスティック式加熱
  • 実売価格7,000円と格安

イーフォスよりも先にアイコス互換機として発売し、爆発的ヒット商品として有名になりました。

見事にアイコスの不満を取り除いた加熱式たばことして市場を騒がせました。

2017年9月に発売してから価格が大分安くなり、コスパ最強の互換機として今もなお人気は続いています。

イーフォスより機能はやや劣りますが、互換機の中で価格がかなり安いので手を出しやすいデバイスです。

 


5位 アイスモーク【iSMOKE】

  • スティックのみ「一体型」
  • 使いやすいキャップ付き
  • サイズが小さい
  • 13本連続吸いができる
  • 1年間保証がある

アイコス互換機としては最小のサイズを誇ります。

グローの様に一体型となっており、スティックだけを充電すればすぐに吸えます。

公式サイトから購入すれば1年間保証を付けれます。

操作も簡単で、デザインも可愛い人気のアイコス互換機です。


第6位 ハーブスティック FyHit ペンタイプ

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

大人気のハーブスティックシリーズから、遂にアイコスのヒートスティック対応タイプが登場!

加熱部分がセラミック加工で熱伝導率も良いので、満足感のある吸いごたえを味わえます。

加熱温度調整も3段階あるので、お好みに応じて味の変化を楽しむことができます。



※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-電子たばこ

Copyright© ネタの宝庫 , 2018 All Rights Reserved.