加熱式たばこ

iQOS(アイコス)の売上98%が日本?5人に1人がアイコス所有者に?

更新日:

https://www.iqos.jp/

https://www.iqos.jp/

 

2015年9月から発売を開始し2016年の春頃から一気に爆発的な売れ行きとなったiQOS(アイコス)

それを追随するかのごとくプルーム・テックやglo(グロー)など、続々と加熱式電子たばこが発売されていますが今のところはiQOS(アイコス)の独壇場となっています。

火をつける代わりに電気で加熱することでたばこ特有の臭い煙が発生しない加熱式電子たばこですが、さぞかし世界でも爆発的なヒットとなっているんだろうと思ったら、iQOS(アイコス)が売れているのは日本だけだったんですね。

 







 

世界シェア98%の日本は5人に1人がアイコス所有か

 

すでに200万台以上の売上を記録しているiQOS(アイコス)ですが、そのうちのほとんどが日本での売上です。

 

販売元のフィリップモリス社によると、イタリア、スイス、ロシアなど10か国で販売しているものの売上の98%が日本で、残り9か国では全然売れていなかったんですね。

それだけ日本ではiQOS(アイコス)フィーバーが起きていて、転売市場では通常価格の2倍以上で取引されていることもあります。

でも200万台の98%ということは196万台ということになります。

 

総務省が発表した最新(2016年12月20日)のデータによると、日本の20歳〜79歳までの人口は9470万人とのことです。

加熱式電子たばこの普及具合を見る限り所有者は若年層からミドル層くらいだと思いますので、20歳〜49歳で計算し直すと4692万人となります。

また、厚生労働省が発表している現在の成人喫煙率は19.3%とのこと。

ということは単純計算で20歳〜49歳で喫煙している人口は約900万人となります。

 

先ほどの日本でのiQOS(アイコス)販売台数を加味すると、5人に1人以上はアイコスを所有している計算になります。

少し強引な計算の仕方ではありますが、それだけ爆発的な売れ行きとなっているということです。

 

2017年9月も、アイコスのネームバリューはどんどん上がり、今はアイコスの弱点を見事に克服した【新型アイコス】を楽しんでいる方が多いです。

10月更新【新旧型アイコス最安値】最新iQOS通販・在庫状況/定価より安く購入する方法とは?

  追記) アイコスとグローのハイブリッド電子たばこが遂に登場!   《2017年10月更新》 今年の1月より毎月調査してきた「アイコスの通販最安値状況」の最新VER.です。 &n ...

 

 

世界で一番売れている加熱式電子たばこは?

 

加熱式電子たばこは世界ですでに1兆円規模の市場になっているそうです。

 

世界のたばこ市場で一番のシェアを握っているのがイギリスのインペリアル・タバコ社で、2位のフィリップモリス社(アメリカ iQOS販売)のおそよ1.5倍のシェアを持っています。

ついで3位はglo(グロー)を仙台市で限定販売したブリティッシュ・アメリカン・タバコ、4位にはJTこと日本たばこ産業(プルーム・テック販売)と続いています。

インペリアル・タバコ社が販売している加熱式電子たばこは「Vuze」というもので、リキッド充填式のタイプです。

世界シェア上位の会社は軒並み加熱式電子たばこに参入していて、その市場規模の大きさが想像できます。

 

glo(グロー)ももう間もなく全国販売が開始されます。

glo(グロー)が購入できるという仙台に行って本当に買えるのか検証してみた

  イギリス大手たばこメーカー「BAT」が満を持して日本市場に投入してきた加熱式電子たばこ「glo(グロー)」 日本で先行販売されているiQOS(アイコス)やPloom TECH(プルーム・ ...

これから加熱式タバコの普及率からめを離せません。

 

残念ながら加熱式電子たばこの世界販売台数は調べても分かりませんでしたが、シェア率を考えるに一番売れているのはインペリアル・タバコ社かフィリップモリス社が販売している加熱式電子たばこでしょうか。



iが好きな日本人

 

iQOS(アイコス)がこんなにも売れたのは「日本では先発組」であったことやスタイリッシュなデザインなどが大きく寄与していると思いますが、これだけ売れた一番の要因はやはり「ネーミング」でしょうかね。

 

フィリップモリス社の販売戦略にそのデータがあったかどうかは分かりませんが、アップル社が日本で大きな成功を収めたスマートフォン「iPhone」も日本においてのシェアが一番大きく、世界ではAndroidシェアが7割以上なのに対し日本では5割以下となり、iPhoneがAndroidを上回っているのは日本だけなんですよね。

このiPhone旋風を味方につけネーミングしたのかどうかは分かりませんが、結果として「i」を冠するiQOS(アイコス)が爆発的なヒットとなりました。

 

個人的な意見ですけど、「i」という文字は最先端なイメージを彷彿とさせ、かつ大文字の「I」でないことにより少し柔らかい感じを受けます。

また、日本人は集団の民族意識が強いですから、そのモノが持つ機能よりも「みんなが持っている」ことに重要性を感じたりすることがあるので、iQOS(アイコス)は売れるべくして売れたのかもしれませんね。

 

アイコスもいいけど故障や連続で吸えないとお困りの方は「iBuddy」もオススメです。

アイコスの様々な不満を解消した、いわば「アイコスとグローのハイブリッド型」電子たばこです。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

アイコスとグローのハイブリッド【iBuddy】不満を解消した電子たばこが遂に発売したぞ!

  「アイコスってすぐに壊れる… もう3台目だよ」 「電子たばこって煙が少ないからいいけど吸いごたえがなあ~」 「この後飛行機乗るから連続して吸いたいんだけど…」 「掃除してたらホルダー部分 ...

売れてる電子タバコ人気ランキング


第1位 イーフォスイーワン(EFOS E1)

  • 3D加熱で均一な吸いごたえ
  • チェーンスモーク可能
  • 低温、高温の切替機能付き
  • 丸みを帯びたボディで手にフィット
  • 1A、2Aどちらでも充電可能
  • 新色レッドも登場

アイコスを超えた互換機の最終形態ともネットでもてはやされているEFOSですが、その実力は折り紙つきです。

アイコスの弱点をことごとく解消したデバイスとして高評価を受けています。

特に秀逸なところは「加熱方式の違い」で、アイコスはブレード加熱をするのに対し、EFOSはスティック挿入部をまるごと3D加熱するので味ムラが少なくなっています。

また、フォルムはグローを意識した一体型なので扱いやすいのも特徴的です。


第2位 ビタミンたばこ【ビタフル】

  • ニコチン、タールなし
  • 使い切りですぐに始められる
  • 選べる12種類のフレーバー
  • ミストタイプでリフレッシュ体験
  • 累計販売本数50万本突破

健康志向だけどちょっとした合間のリフレッシュとして電子タバコを吸いたいといったユーザーに人気なのがビタフル。

吸うだけでビタミンが摂取でき、他にもコエンザイムQ10やプラセンタ・ヒアルロン酸など16種類の栄養成分が含まれています。

使い切りなので封を開けてすぐに使用でき、一本あたり約500回吸えて税込1,058円とコストパフォーマンスも非常に高くなっています。


第3位 Cigaresso【シガレッソ】

  • 最新アイコス互換機
  • 1本6分 or 14パフが可能
  • 過熱制御システムで均一な風味
  • 軽量&コンパクトサイズ
  • レビューを書けば60日間保証

EFOSでほぼ最終形態だと思われていたアイコス互換機ですが、さらなる機能とコンパクトサイズになって発売を開始したのがシガレッソです。

特筆すべきは過熱制御システムです。アイコス互換機は連続吸いできるのが特徴ですが、どうしても2本目以降は味にバラつきが出ます。1本目の熱が残っているからですね。

シガレッソは常に過熱温度をコントロールするので、何本目でも安定して均一な味を楽しむことができます。


第4位 SMOOTH VIP【スムースビップ】

  • ニコチン、タールなどの有害成分なし
  • 充電式なので高コスパ
  • 様々なリキッドを試せる
  • WEB限定版で格安購入可能
  • 定期お届けコースはさらにお得

クレイジーケンバンド横山剣さんのCMでおなじみのスムースビップ。

禁煙したくても口元が寂しくなって我慢できないといったユーザーを中心に人気急上昇中です。

リキッド注入式で本体は繰り返し充電が可能なので、1吸いあたりで換算すると0.37円とハイコストパフォーマンス。

WEB限定版のスターターキットは3,000円以下で本体(充電器)にプラスしてリキッド・アトマイザーが2本付いてきます。


第5位 アイバディ(i Buddy)

  • グローのような一体型デザイン
  • スマートボディ(79.5mm)
  • 連続して吸うことができる
  • 吸いムラの少ないスティック式加熱
  • 実売価格7,000円と格安

イーフォスよりも先にアイコス互換機として発売し、爆発的ヒット商品として有名になりました。

見事にアイコスの不満を取り除いた加熱式たばことして市場を騒がせました。

2017年9月に発売してから価格が大分安くなり、コスパ最強の互換機として今もなお人気は続いています。

イーフォスより機能はやや劣りますが、互換機の中で価格がかなり安いので手を出しやすいデバイスです。

 


6位 アイスモーク【iSMOKE】

  • スティックのみ「一体型」
  • 使いやすいキャップ付き
  • サイズが小さい
  • 13本連続吸いができる
  • 1年間保証がある

アイコス互換機としては最小のサイズを誇ります。

グローの様に一体型となっており、スティックだけを充電すればすぐに吸えます。

公式サイトから購入すれば1年間保証を付けれます。

操作も簡単で、デザインも可愛い人気のアイコス互換機です。


第7位 ハーブスティック FyHit ペンタイプ

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

大人気のハーブスティックシリーズから、遂にアイコスのヒートスティック対応タイプが登場!

加熱部分がセラミック加工で熱伝導率も良いので、満足感のある吸いごたえを味わえます。

加熱温度調整も3段階あるので、お好みに応じて味の変化を楽しむことができます。



※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-加熱式たばこ

Copyright© ネタの宝庫 , 2018 All Rights Reserved.