加熱式たばこ

【アイコス互換機ランキング】ヒートスティックが連続で吸えるおすすめの機械はどれ?

更新日:

0220_01

加熱式たばこの雄「アイコス」ですが、発売後しばらくはその売上のほとんどが日本というガラパゴス的な状況でした。

iQOS(アイコス)の売上98%が日本?5人に1人がアイコス所有者に?

https://www.iqos.jp/   2015年9月から発売を開始し2016年の春頃から一気に爆発的な売れ行きとなったiQOS(アイコス) それを追随するかのごとくプルーム・テックや ...

しかし、最近では国内だけに留まらず世界でも爆発的なヒットを記録し、イタリアやポルトガル、スイス・ルーマニアなど30以上の国や地域で販売されています(アメリカは許認可の問題で揉めている)。

 

これだけの売れ行きとなるとは想像もしてませんでしたが、逆にこれだけ売れると様々な不満や悩みなども同時に発生するのが人気商品の定めです。

そこで登場し始めたのが「アイコスの不満を解消するアイコス互換機」です。アイコス互換機とはどんなものなのか、そしておすすめ互換機ランキングの紹介をしていきます。

 

アイコス互換機とは

アイコス互換機とは「アイコスのヒートスティックが使用可能なデバイス」のことで、様々な種類が登場しています。

アイコス自体非常に考えられており、特に「タールなどの有害物質を9割カット(公式発表)」は喫煙者にとっての救世主的存在であり、また同時に「煙ではなく水蒸気として排出されるので受動喫煙リスクの低減につながる」という触れ込みで、国内出荷300万台以上を記録しています。

参考:iqos.jp

参考:iqos.jp

 

そんな健康や環境に配慮したアイコスですが、「ホルダーとチャージャーが別」という決定的な欠点があります。

これにより、

  • 1本吸うごとに充電が必要(連続で吸えない)
  • どちらかが故障すると使用することができない
  • 吸引のたびに出し入れをする面倒

などの不満が挙がっています。

アイコス2.4plusという新型デバイスが登場したものの、改良点は充電の長さやLEDの発色などに留まり、上記の不満は解消されないままです。

 

そこに目を付けたのが「アイコス互換機」で、発売されているそのほとんどが

  • グローのような一体型を採用
  • ヒートスティックを連続吸引できる

といった特徴を持っています。

 

アイコス互換機を選ぶときの注意点

そんなアイコス互換機ですが、沢山の種類が出回っているので「アイコス互換機を選ぶときの注意点」を簡単にまとめておきます。

 

ヒートスティックが使用可能かどうか

当たり前ですが、互換機を選ぶ時に一番大事なのは「ヒートスティックが使えるかどうか」です。

通常の紙巻タバコとヒートスティックはサイズ(直径)が違い、アイコスにヒートスティックを挿しても入りません。

随分と昔の話ですが、グローの本体を手に入れてアイコスを吸おうと思ったら全然合いませんでした。

【購入前に必ず確認】加熱式電子たばこで人気のglo(グロー)を使ってみた感想が衝撃!

最近、加熱式電子たばこが流行っていますね。 フィリップモリス社が発売したiQOS(アイコス)に始まり、次いでJTのプレーム・テックなど続々と発売され、一気に次世代たばこの時代がやってきました。 ボクは ...

 

デバイスによって味・フレーバーが若干違う

アイコスはヒートスティックを燃焼させるのではなく「加熱処理」によって水蒸気を発生させる仕組みで、その中心温度は約200℃となっており、紙巻きたばこに比べて約600℃ほど低くなっています。

やはり通常のたばこと比べると少し味が薄く感じ、人によっては物足りなさを感じます。

 

こういった不満を解消するため、アイコス互換機はそのほとんどが200℃より少し高めの設定となっています。

この微妙な温度差がヒートスティックの味を少し変える原因となっていて、また加熱処理の違い(アイコスはブレード加熱、EFOSは3D加熱など)によっても味に変化がつきます。

味・フレーバーに関しては人によって意見が大きく分かれますが、レビューや口コミを見ることである程度事前に調べておくことができます。

EFOS(イーフォス)の評判・口コミまとめ/Twitter・インスタ・楽天市場・Amazonではどんな反応?

  先日紹介したアイコスのヒートスティックが連続で吸える互換デバイス「EFOS(イーフォス)」ですが、年末という消費が上がるタイミングからの発売もありものすごい勢いで売れているようです。 & ...

 

性能に応じて価格が違う

アイコス互換機は「アイコスの不満を解消すべく開発されたデバイス」なので、機能面で様々な改良が施されています。

代表的なのは「加熱温度の調整」や「加熱処理の違い」などです。

 

たとえばアイコスは板状のブレードにヒートスティックを差し込んで加熱しますが、イーフォスは包み込むように加熱するので、味わいもかすかに変わってきます。

またシガレッソは独自の加熱制御システムによって、アイコス同様の風味ながらチェーンスモーク時でも均一な味わいを楽しめるように設計されています。

 

安いものだとアイコス本体価格の半額ぐらいで購入することができますが、やはり上記のような機能は付帯しておらず、せっかく購入したのに使い物にならなかったなんてことにならないように注意しておきましょう。

 

1本で何回吸えるのか

アイコスはホルダーのフル充電状態からおよそ14回吸引 or 6分間で電源が切れる仕組みになっています。

健康を考えれば少ない方が良いですがそれならば途中で吸引を辞めればいいわけで、できるだけ長い間(または回数)吸引できるほうがコストパフォーマンスは高くなります。

ハーブスティックは1本当たり20回以上の吸引が可能なのでコスパの面で考えれば一番良いでしょう。

ヒートスティックが吸えるIQOS互換機【HERBSTICK(ハーブスティック)】がおすすめ!連続吸いができる互換品を比較!

  アイコスユーザーの3大不満である「連続吸いができない・ホルダーが壊れる・手入れが大変」を改善した「一体型アイコス互換機~i Buddy~」という商品を先日紹介しました。 使ってみた結果非 ...

 

どのくらい吸えるのかは搭載されているバッテリーの容量(と加熱温度)と加熱時間・パフ回数などによって変わります。基本的には大容量バッテリーのデバイスを選ぶと良いです。

EFOSなどは2000mAhの大容量バッテリー内蔵です。

 

どんな人におすすめなの?

アイコス互換機は「アイコスの不満を解消したデバイス」ですから、反対に今のアイコスに不満を持っていない人はムリに購入する必要はないかもしれません。

しかし「アイコスの充電が切れた!」「アイコスを家に忘れてきた!」なんてシチュエーション、結構ありますよね。

その度にコンビニで紙巻きたばこを購入してしまっている方は、せっかく「有害物質9割カット」のヒートスティックを吸っていたのに…ちょっと勿体ないですよね。

 

そんなときのために「サブ機」として購入しておくのも良いかもしれません。

またアイコスが故障してしまったタイミングや、ちょっとした休憩時にもう1本吸いたいけど連続吸いができなくて諦めていた方は検討してみる価値がありそうです。

 

アイコス互換機ランキング

ということで数あるアイコス互換機の中でも「コストパフォーマンス」「デバイスの性能」「使いやすさや味・フレーバー」の面から特に優秀なデバイスをランキングにして発表していきます。

それぞれ優劣つけがたい部分もありますが、総合的な判断として順位付けしています。

売れてる電子タバコ人気ランキング


第1位 イーフォスイーワン(EFOS E1)

  • 3D加熱で均一な吸いごたえ
  • チェーンスモーク可能
  • 低温、高温の切替機能付き
  • 丸みを帯びたボディで手にフィット
  • 1A、2Aどちらでも充電可能
  • 新色レッドも登場

アイコスを超えた互換機の最終形態ともネットでもてはやされているEFOSですが、その実力は折り紙つきです。

アイコスの弱点をことごとく解消したデバイスとして高評価を受けています。

特に秀逸なところは「加熱方式の違い」で、アイコスはブレード加熱をするのに対し、EFOSはスティック挿入部をまるごと3D加熱するので味ムラが少なくなっています。

また、フォルムはグローを意識した一体型なので扱いやすいのも特徴的です。


第2位 ビタミンたばこ【ビタフル】

  • ニコチン、タールなし
  • 使い切りですぐに始められる
  • 選べる12種類のフレーバー
  • ミストタイプでリフレッシュ体験
  • 累計販売本数50万本突破

健康志向だけどちょっとした合間のリフレッシュとして電子タバコを吸いたいといったユーザーに人気なのがビタフル。

吸うだけでビタミンが摂取でき、他にもコエンザイムQ10やプラセンタ・ヒアルロン酸など16種類の栄養成分が含まれています。

使い切りなので封を開けてすぐに使用でき、一本あたり約500回吸えて税込1,058円とコストパフォーマンスも非常に高くなっています。


第3位 SMOOTH VIP【スムースビップ】

  • ニコチン、タールなどの有害成分なし
  • 充電式なので高コスパ
  • 様々なリキッドを試せる
  • WEB限定版で格安購入可能
  • 定期お届けコースはさらにお得

クレイジーケンバンド横山剣さんのCMでおなじみのスムースビップ。

禁煙したくても口元が寂しくなって我慢できないといったユーザーを中心に人気急上昇中です。

リキッド注入式で本体は繰り返し充電が可能なので、1吸いあたりで換算すると0.37円とハイコストパフォーマンス。

WEB限定版のスターターキットは3,000円以下で本体(充電器)にプラスしてリキッド・アトマイザーが2本付いてきます。


第4位 アイバディ(i Buddy)

  • グローのような一体型デザイン
  • スマートボディ(79.5mm)
  • 連続して吸うことができる
  • 吸いムラの少ないスティック式加熱
  • 実売価格7,000円と格安

イーフォスよりも先にアイコス互換機として発売し、爆発的ヒット商品として有名になりました。

見事にアイコスの不満を取り除いた加熱式たばことして市場を騒がせました。

2017年9月に発売してから価格が大分安くなり、コスパ最強の互換機として今もなお人気は続いています。

イーフォスより機能はやや劣りますが、互換機の中で価格がかなり安いので手を出しやすいデバイスです。

 


5位 アイスモーク【iSMOKE】

  • スティックのみ「一体型」
  • 使いやすいキャップ付き
  • サイズが小さい
  • 13本連続吸いができる
  • 1年間保証がある

アイコス互換機としては最小のサイズを誇ります。

グローの様に一体型となっており、スティックだけを充電すればすぐに吸えます。

公式サイトから購入すれば1年間保証を付けれます。

操作も簡単で、デザインも可愛い人気のアイコス互換機です。


第6位 ハーブスティック FyHit ペンタイプ

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

大人気のハーブスティックシリーズから、遂にアイコスのヒートスティック対応タイプが登場!

加熱部分がセラミック加工で熱伝導率も良いので、満足感のある吸いごたえを味わえます。

加熱温度調整も3段階あるので、お好みに応じて味の変化を楽しむことができます。



※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-加熱式たばこ

Copyright© ネタの宝庫 , 2018 All Rights Reserved.