加熱式たばこ

【加熱制御システムのアイコス互換機シガレッソ】レビュー!連続吸いでも味が落ちない電子たばこ登場

投稿日:

 

発売されたばかりの【アイコス互換機シガレッソ(cigaresso)

なんでもこれまでのアイコス互換機にはない新しいシステムを搭載したデバイスとの事でかなり気になっていたのですが、ようやく自宅に届きましたので実際に使用してみました。

使い方や特徴まとめはこちらをご参照ください。

アイコス互換機シガレッソとは
アイコスのヒートスティックが使えるシガレッソとは?使い方・特徴・販売店について

  アイコスのヒートスティックが吸える互換機はこれまでにいくつか紹介してきましたが、今回も新作が発売されたので早速調べてみました。 その名も「シガレッソ(cigaresso) 」 &nbsp ...

 

以下、使ってみて気付いたことや味についてレビューしていきます。

 

購入のきっかけは加熱制御システム

ボクはアイコスやその互換機のほかにもプルームテックやグローなど様々な加熱式たばこを持っています(増えすぎてメルカリで売ろうか悩んでいます)。

その中でも連続吸いができるグローは、チェーンスモークをすると本体の加熱温度が残っていて「過剰加熱」してしまうんですよね。

このせいかどうかは分かりませんが、2本目以降の味に変化が出てきてしまい、また少し焦げたような臭いもしてきます。

 

今回購入したシガレッソの最大の特徴は「ICチップによる加熱制御システム」です。

シガレッソの加熱抑制システム

 

メーカーサイトの説明では「Cigaressoはタバコスティックを均等かつ効率良く加熱するのでタバコ本来の風味を一層立たせ、深い味わいを楽しめます」と記載されています。

ということは「加熱部分を一定の温度に保つことで常に同じ味を楽しめる」のではないか、と自分なりに解釈して即買いを決めました。

 

ちなみにアイコスやグローなどの加熱式たばこが人気になった大きな理由の一つとして「煙の出ないたばこ・有害物質を大幅にカット」というものがあります。

通常のたばこはライターやマッチなどによってタバコ葉を燃焼させることでニコチン・タールなどを摂取しますが、加熱式たばこは「燃焼ではなく加熱」に留めることで燃焼による化学反応で発生する有害物質の削減に成功しています。

参考:iqos.jp

 

でも連続吸いによって加熱温度が上がり結局燃焼していたのなら意味ないな~と感じ、今回シガレッソを注文したのでありました。

 

アイコス互換機【シガレッソ】レビュー

それではシガレッソを実際に見ていきましょう。

本体カラーはシルバー・レッド・ブラックの全3色。今回購入したのはレッドです。

 

見た目は大きめのUSB

 

あまりメタリック感はなく、どちらかというと少しマットな質感。ちょっと大きいサイズのUSBメモリのようにも見えます。

いたってシンプルな外見で、アイコスと違いボタンはひとつのみです。間違えようがないですね。

 

加熱部分は取り外しができるのでメンテナンスも簡単そうです。

 

取り外すときには気づきませんでしたが、装着するときにカチャッと勝手に戻ります。どうやらマグネットが仕込まれているみたいですね。本体を振っても加熱部が欠落することはありません。

アイコスは良くフタが壊れますが、シガレッソは壊れることはなさそうで安心しました。

 

梱包物の確認

セット品はいたってオーソドックス。

  • シガレッソ本体
  • 充電用USBケーブル
  • クリーニングブラシ1本
  • クリーニングスティック5本
  • 取扱説明書

インプットは5V0.8Aですが、フル充電まで80分と他の互換機よりもやや早めの印象です。内蔵バッテリーは650mAhなのでやや小さめ。

ちなみにアイコスは2900mAh。シガレッソはフル充電から最大11本ですがアイコスは20本。きっとECOなんでしょう。

 

説明書は計4部入っていて、詳しい内容のモノや英語で記載されているモノなど、あとは保証書も同梱されていました。

 

楽天市場での購入で保証期間が延長

シガレッソの取り扱いは楽天市場とAmazonですが、どちらも同じショップさんのようですね(ショップ名:モクモク)。

どっちで購入しても価格は変わりませんが、楽天市場で購入&レビューを書くと保証期間が30日⇒60日に倍増するようです。

保証期間があるとないとでは購入時の不安の差が大きく変わりますよね。当たり前ですが保証期間は長いに越したことはありません。

 

また、楽天市場はポイント還元をより多くしてくれます。たとえば楽天カードでお買い物するだけでポイントがついたり、0と5の付く日はポイントが5倍など購入する日によっては高い還元率を受けることができます。

また、楽天カード新規作成で5,000~8,000ポイントがGETできるのも魅力です。

 

シガレッソを使ってみた

シガレッソを使ってみた感想です。

 

アイコスホルダーぐらい軽い

実際に持ってみて衝撃的だったのが「軽さ」です。

アイコスはホルダーとチャージャー合わせて約120グラムですが、シガレッソはおよそ3分の1ほどの38グラム。

アイコスホルダーと比べてもどっちが軽いのか判別がつきません(アイコスホルダーは約20グラム)。

これでバッテリーと加熱の両方を兼ね備えているとは思えません。

 

チェーンスモークしてみた

それでは一番気になっていた「チェーンスモークによる味の変化」を確かめてみます。

シガレッソはアイコス同様「6分間または14パフ」で一旦待機状態に戻ります。再度吸いたくなった時は電源ボタンを長押しすることで加熱が再スタートします。

 

予想通り、2本目の味に変化はなく1本目と変わらず美味しく吸うことができました。

設定されている加熱温度がアイコスより少し高めなのが気になっていましたが、吸い比べをしても違いは分からないほど味の再現ができています。

 

おすすめの吸い方

チェーンスモークができるのでひとつ確認をしてみました。それは「1本のヒートスティックを連続で加熱」して吸えるのかということです。

実際にやってみましたが全然吸えることが判明!1回目よりも軽く感じますが、むしろこっちの方がいいかも!と思ったぐらいです。

 

アイコスは6分間の加熱時間がありますが、ボーッとしていて吸うのを忘れてしまうことがあり、いつの間にか電源が切れていてもう少し吸いたいな~って思うことがたまにあります。

でもシガレッソなら「もう少し吸いたいな」というときは再加熱すれば延長が可能なので、ボクみたいにボーッとしてる方にはオススメですw

 

味はアイコスにかなり近い

やはり加熱システムが他の互換機と違い、アイコス同様のブレード加熱というところが味の再現性が高い理由でしょうか(人気デバイスのイーフォスは3D加熱)。

口径が少し違うのか、アイコスほどヒートスティックがキツキツになることもなく、2箱吸った段階では外れスティック(うまく吸いこめないヤツ)はありませんでした。

 

アイコスではブレード部の汚れが落ちにくいというデメリットがありましたが、ブレードについた汚れはポロポロとすぐに取れるのでメンテナンスも大変なイメージはないですね(使い始めというのもありますが)。

 

シガレッソをレビューして気づいたこと

最後にシガレッソを使ってみて感じたことなどをまとめていきます。

シガレッソの特徴

  • アイコスの再現へのこだわりを感じる
  • 軽くて小さいので胸ポケットに入れられる
  • 加熱制御システムが凄すぎる!
  • メインとして使うにはバッテリーが物足りない

 

元々のコンセプトとしてあったんでしょうけど、開発陣のアイコスへのリスペクトを感じることができました。

電源のオン・オフこそボタン連打が必要ですが、加熱開始・終了はボタン長押しだったり、1回に吸える時間やパフ回数も本家に合わせているのが好印象ですね。

また軽量&コンパクトなので、胸ポケットだけでなく通勤用バッグのペン入れに挿すことができたり、長財布の中にしまうことも可能です。

 

そして、やはり加熱制御システムという目の付け所は素晴らしいですね。他のアイコス互換機にはない配慮がステキです。

しかし新システム搭載のせいか、1回の充電で最大11本というバッテリーはもうちょっと改善してほしいところで、あと2~3本吸えるならメイン機として使えるのにな~と思いますが、普段そこまでの本数を吸わない方やサブ機としての使用なら十分にオススメできるデバイスですね。

 

売れてる電子タバコ人気ランキング


第1位 イーフォスイーワン(EFOS E1)

  • 3D加熱で均一な吸いごたえ
  • チェーンスモーク可能
  • 低温、高温の切替機能付き
  • 丸みを帯びたボディで手にフィット
  • 1A、2Aどちらでも充電可能
  • 新色レッドも登場

アイコスを超えた互換機の最終形態ともネットでもてはやされているEFOSですが、その実力は折り紙つきです。

アイコスの弱点をことごとく解消したデバイスとして高評価を受けています。

特に秀逸なところは「加熱方式の違い」で、アイコスはブレード加熱をするのに対し、EFOSはスティック挿入部をまるごと3D加熱するので味ムラが少なくなっています。

また、フォルムはグローを意識した一体型なので扱いやすいのも特徴的です。


第2位 ビタミンたばこ【ビタフル】

  • ニコチン、タールなし
  • 使い切りですぐに始められる
  • 選べる12種類のフレーバー
  • ミストタイプでリフレッシュ体験
  • 累計販売本数50万本突破

健康志向だけどちょっとした合間のリフレッシュとして電子タバコを吸いたいといったユーザーに人気なのがビタフル。

吸うだけでビタミンが摂取でき、他にもコエンザイムQ10やプラセンタ・ヒアルロン酸など16種類の栄養成分が含まれています。

使い切りなので封を開けてすぐに使用でき、一本あたり約500回吸えて税込1,058円とコストパフォーマンスも非常に高くなっています。


第3位 Cigaresso【シガレッソ】

  • 最新アイコス互換機
  • 1本6分 or 14パフが可能
  • 過熱制御システムで均一な風味
  • 軽量&コンパクトサイズ
  • レビューを書けば60日間保証

EFOSでほぼ最終形態だと思われていたアイコス互換機ですが、さらなる機能とコンパクトサイズになって発売を開始したのがシガレッソです。

特筆すべきは過熱制御システムです。アイコス互換機は連続吸いできるのが特徴ですが、どうしても2本目以降は味にバラつきが出ます。1本目の熱が残っているからですね。

シガレッソは常に過熱温度をコントロールするので、何本目でも安定して均一な味を楽しむことができます。


第4位 SMOOTH VIP【スムースビップ】

  • ニコチン、タールなどの有害成分なし
  • 充電式なので高コスパ
  • 様々なリキッドを試せる
  • WEB限定版で格安購入可能
  • 定期お届けコースはさらにお得

クレイジーケンバンド横山剣さんのCMでおなじみのスムースビップ。

禁煙したくても口元が寂しくなって我慢できないといったユーザーを中心に人気急上昇中です。

リキッド注入式で本体は繰り返し充電が可能なので、1吸いあたりで換算すると0.37円とハイコストパフォーマンス。

WEB限定版のスターターキットは3,000円以下で本体(充電器)にプラスしてリキッド・アトマイザーが2本付いてきます。


第5位 アイバディ(i Buddy)

  • グローのような一体型デザイン
  • スマートボディ(79.5mm)
  • 連続して吸うことができる
  • 吸いムラの少ないスティック式加熱
  • 実売価格7,000円と格安

イーフォスよりも先にアイコス互換機として発売し、爆発的ヒット商品として有名になりました。

見事にアイコスの不満を取り除いた加熱式たばことして市場を騒がせました。

2017年9月に発売してから価格が大分安くなり、コスパ最強の互換機として今もなお人気は続いています。

イーフォスより機能はやや劣りますが、互換機の中で価格がかなり安いので手を出しやすいデバイスです。

 


6位 アイスモーク【iSMOKE】

  • スティックのみ「一体型」
  • 使いやすいキャップ付き
  • サイズが小さい
  • 13本連続吸いができる
  • 1年間保証がある

アイコス互換機としては最小のサイズを誇ります。

グローの様に一体型となっており、スティックだけを充電すればすぐに吸えます。

公式サイトから購入すれば1年間保証を付けれます。

操作も簡単で、デザインも可愛い人気のアイコス互換機です。


第7位 ハーブスティック FyHit ペンタイプ

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

大人気のハーブスティックシリーズから、遂にアイコスのヒートスティック対応タイプが登場!

加熱部分がセラミック加工で熱伝導率も良いので、満足感のある吸いごたえを味わえます。

加熱温度調整も3段階あるので、お好みに応じて味の変化を楽しむことができます。



※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-加熱式たばこ

Copyright© ネタの宝庫 , 2018 All Rights Reserved.